NO MAN NO CRY

好きなものがたくさんあって楽しい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
夏の終わりにまとめる8月のお気に入りアイドルソング、祭りのあとのような寂しさがありますが、最早ライフワークですのでしっかり残しておこうと思います。


WHY@DOLL「恋なのかな?」



作詞:竹内サティフォ
作曲:ONIGAWARA
編曲:ONIGAWARA

いきなりリンクがSpotifyで申し訳ない…というかお願いだからこの曲のMVかライブ動画上げてください公式さん。名曲揃いで大好きなWHY@DOLLの2ndアルバム「WHY@DOLL」に収録された「恋なのかな?」は2月にリリースされた「キミはSteady」に続くONIGAWARA提供曲。「ぼくらが旅に出る理由」オマージュから始まるイントロ、サティフォの中の乙女が爆発した歌詞、「Eじゃん」をセルフオマージュした終盤のコールアンドレスポンスなど、とにかく楽しいし愛しい。比較対象として合ってるかわからないけどNegicco「ねぇバーディア」くらい好きです。10月のONIGAWARAとのツーマン楽しみ。


NMB48「まさかシンガポール」



作詞:秋元康
作曲:太田貴之
編曲:太田貴之

終始とっちらかったトンチキなMVや「難波愛~今、思うこと~」っていう購入意欲を削ぎ落とすアルバムタイトルはひとまずおいておいて、表題曲の「まさかシンガポール」すごくよくないですか。「ドリアン少年」のときもめっちゃいいって言ってて周りと温度差あったからちょっと自分の感覚が不安なんですが、哀愁めいたメロディラインが初めて聴いたときから癖になってます。須藤凛々花さん何が何でも幸せになってください卒業おめでとうございます。


アイドルネッサンス「前髪」



作詞:小出祐介
作曲:小出祐介
編曲:イイジマケン

名曲だけをルネッサンスしてきたアイドルネッサンスがついにオリジナル曲に挑戦する。歴史に残る名曲を生み出すことが命題とされていたとてつもなく高いハードルを、小出さんとアイドルネッサンスがしっかり超えてきました。2017年にSMILE GARDENのトリを務めたアイドルネッサンスがこの曲を歌ったときのこと、ずっと忘れないと思います。そして10年後とかにこのMVみながらお酒飲んで、思い出して泣いたりしそうです。それも楽しみ。


アップアップガールズ(2)「二の足Dancing」



作詞:児玉雨子
作曲:michitomo
編曲:Koji Oba

アップアップガールズ(2)はしっかり情報インプットしてなかったんですけど、「今いちばんねぶたにしたいアイドル」吉川茉優さんや特技が鼻リコーダーの鍛冶島彩さんなど、なかなかの逸材揃いで面白いですね。そんな2期生のデビューシングルから。アプガと同じようにEDMやディスコチューンのアッパーなアゲ曲かと思ったらまたちょっと雰囲気違って面白いなぁ。編曲にKoji Obaさん入ってるのが大きそう。この感じでハロプロや先輩グループとうまく差別化してくれるといいな。


MilkShake「出島らぷそでぃ」



作詞:SHIZUKA
作曲:唐川真
編曲:唐川真

途中に挿入されるCGが謎でめちゃくちゃ怖いんですが、ミルクセーキの新曲めっちゃ好きでした。2017年になってもこんな感じでご当地アイドルがしっかり地元に軸足をおいて活動しているの見ると頑張れ…!って気持ちになりますね。Aメロの入りの「きらりん☆」でいきなりやられました。


りんご娘「アメノチヒカリ」



作詞:多田慎也
作曲:多田慎也
編曲:GRP

ご当地アイドルが続きます。りんご娘の新曲は前作「Ringo Star」に続いて多田慎也さん提供曲。まだライブ見たこと無いんですけど、ここ最近のりんご娘、MVや動画見る限りすごくいい感じなんじゃないでしょうか。制服姿で川に素足をつけてアイドルを食べる4人が眩しいです。青森に行ってみたくなるMV!好き!


Fullfull☆Pocket「フタリアオゾラ」



作詞:多田慎也
作曲:多田慎也
編曲:田中どぼん俊光

多田慎也さん案件2連発。Fullfull☆Pocketの3rdシングルのM3に収録されている「フタリアオゾラ」は前身のからっと☆「ドットアオゾラ」へのアンサーソング。アンサーソングなのに、好きなあの人のことを思いながら今回も紙飛行機を投げてる。3年経ったはずなのに距離が全く縮まってないの、なんかいいですね。アイドルとオタクみたいで。


佐々木彩夏「My Cherry Pie(小粋なチェリーパイ)」



作詞:前山田健一
作曲:前山田健一
編曲:宮崎誠

ヒャダインが全力であーりんの魅力を引き出して、あーりんが全力でそれに応えたらそんなの無敵に決まってるじゃないですか。宇宙の真理です。最高。


Chelip「これって恋だと思うんだ」



作詞:長谷泰宏(ユメトコスメ)
作曲:長谷泰宏(ユメトコスメ)
編曲:長谷泰宏(ユメトコスメ)

一聴してすぐに長谷さん曲だとわかるキラメキがたっぷり詰まったChelipの新曲。みんな大好きなやつですね。Negicco「カナールの窓辺」とかが好きな人はもう間違いないです。途中でビブラフォンとチャイムが入ってきて一気にドリーミーになる展開が大好き。


ピンキー!ノーラ&ペトラ「恋するヘルシンキ」


(5:00~)

作詞:CHIHIRO
作曲:YoYo(SOFFet)
編曲:YoYo(SOFFet)

ケルティックのにおいがするアイドルソングはもう大体好きなんですが、特にこの曲はアイドル横丁の配信をみてずきゅんと撃ち抜かれてしまいました。調べたらこれまた大好きなSOFFetのYoYoが手がけてることを知り納得。YoYoの作る曲大好物なのでアイドルへの曲提供もっとやってほしい。誰も言わなくなっても、おれはまだNegiccoとSOFFetがツーマンした時のオリジナルコラボ曲のリリースを諦めてません。リクエストし続けるぞ…!


吉田凜音「パーティーアップ」



作詞:E TICKET PRODUCTION
作曲:E TICKET PRODUCTION
編曲:E TICKET PRODUCTION

お母さんのリッケンバッカーを使ってるでおなじみの吉田凜音さん、りんねラップでもバッチリな相性を見せてたEチケさん曲で今回も好き放題やってる感じが最高です。ミニアルバム「STAY FOOL!!」は他の曲もよくて、特にM4「サイダー」は韓国のトラックメイカーチームを起用してるんですがこれが絶妙に気持ちよくてオススメです。


KissBee「どっきんふわっふー」



作詞:NOBE
作曲:happy machine
編曲:happy machine

KissBee前作も取り上げましたが今回もめっちゃいいですね!フランス人トラックメイカーのhappy machineさんは自身のミニアルバムに収録された「Melon Pop」という曲でNegiccoのぽんちゃをフィーチャリングボーカルに招いていたのでご存じの方も多いはず。変な歌詞×変な振付×高密度なアレンジなのにどこか品がある仕上がりなのすごい。やっぱ現体制のKissBeeどこかで見ておきたいです。


フィロソフィーのダンス「D.T.F! (feat. Li-sa-X)」



作詞:ヤマモトショウ
作曲:ヤマモトショウ
編曲:宮野弦士

12歳の天才ギタリストLi-sa-Xをフィーチャーしたヴァン・ヘイレン感たっぷりなフィロのスの新曲。無茶苦茶カッコイイです。無茶苦茶カッコイイスタジアム・ロック。これまでのフィロのス曲だと「パラドックスが足りない」がいちばん好きだったんですけど、塗り替えたかもしれません。フィロのスの音楽面をずっと支えてきたヤマモトショウ×宮野弦士による渾身の一曲です。日向ハルさんのパワフルな歌唱に呼応する奥津マリリさんの伸びやかな歌声。フィロのスの今の勢いと状態の良さをまざまざと見せつけてくれました。9月の湯会楽しみ!!


今月は13曲でした。8月なのにあんまりバカっぽい「夏だからやっちゃおう」的な曲が入ってないのは、なんとなくここ最近の涼しい気候とそういうムードのせいです。でも今年の夏はそういうぶち上がる系でみんなの心掴んだ曲って無かった気がしますね。そう思うとちょっと寂しいな。
スポンサーサイト

ハピマシくん最高だな…

2017.08.31 03:42 URL | きょうじゅ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://goodbyemusic.blog.fc2.com/tb.php/85-720ca96c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。