NO MAN NO CRY

好きなものがたくさんあって楽しい。


music_sakkyoku_guitar_man.png


皆さんが今いちばん気になっている職業作曲家、コンポーザー、アレンジャーは誰ですか?杉山勝彦さん?宮野弦士さん?多田慎也さん?村カワ基成さん??

このブログで気に入ったアイドルソングを紹介する際には、なるべく「作詞・作曲・編曲」のクレジットを併記するようにしています。好きなグループを縦に掘り下げるのはもちろん楽しいのですが、「その曲を作った人」の観点から「じゃあこの人が作った他の曲も好きかも」って横に興味を広げていくのもすごく楽しいからです。


そんな私が去年の暮くらいからすごく注目しているのがSoulifeのお二人。以下はOfficial Websiteからの抜粋。

河田総一郎(Vo&Gu)と佐々木望(Gu&Cho)からなるユニット。
ユニット名<Soulife=ソウライフ>はSoulとLifeを組み合わせた言葉。
2003年結成。2006年「アゲハ」にてインディーズデビュー。
ミニアルバム1枚、マキシシングル2枚、配信シングル3曲、ライブ限定CDなど3枚リリース。
2011年、遊助「一笑懸命」の作曲で作家デビュー。



今やSoulifeのお二人の代表曲で、自分が興味を持つきっかけになった曲といえばこちらです。


欅坂46 「二人セゾン」



作詞 : 秋元康
作曲 : SoichiroK、 Nozomu.S
編曲 : Soulife

2016年を代表する名曲。MVが公開された時の衝撃はすごかったですね。私はこの曲でSoulifeという名前を知りました。そこで「初めて聞いた名前だけど他にどんな曲作ってるんだろう??」と思ってたどり着いたのがこちら。


Little Glee Monster 「Happy Gate」



作詞 : SoichiroK
作曲 : SoichiroK、 Nozomu.S
編曲 : Soulife



いやこれ本当にびっくりしました。めっちゃ知ってる曲でした。こういう発見があると俄然楽しくなってきますよね。というわけで以下にお気に入りのSoulife提供曲を羅列していきたいと思います。


J☆Dee'Z 「MORNING HOPE」



作詞 : SoichiroK
作曲 : SoichiroK、 Nozomu.S
編曲 : Soulife

「二人セゾン」発売の翌週、ひそかに(自分が気づいてなかっただけですすみません)配信限定で世に放たれていたSoulife提供のめちゃくちゃいい曲。その後3月にリリースされた「Answer」のカップリングとしても収録されました。


J☆Dee'Z 「Answer」



作詞 : SoichiroK
作曲 : SoichiroK、 Nozomu.S
編曲 : Soulife

その「Answer」の生演奏ライブver.です。Nozomu.Sこと佐々木望さんもバックバンドでギターを演奏されてます。代官山LOOPでのワンマンライブ、油断してチケット取り損ねたの本当に失態でした。


J☆Dee'Z 「Melody」



作詞 : SoichiroK、 Akira Sunset
作曲 : SoichiroK、 Nozomu.S
編曲 : Soulife

ただのJ☆Dee'Z特集みたいになってきましたが、正直この「Melody」もっと注目されて欲しい!って思いからこの記事を書くことにしたのでお許しを。7/19にリリースされる最新シングルです。カップリングの「伝えたいこと、ちゃんと伝えなくちゃ」が先に音源配信、MV公開されていてこれまたすごくいい曲だったので、これA面の方がいいんじゃない?なんて思ってたんですが、「Melody」のMVを見てそれも吹き飛びました。まさに昨年末「二人セゾン」のMVを見た時に匹敵する衝撃。ラストのサビに入るところの気持ちよさ。2017年の夏が絶対に最高になる1曲です。


欅坂46 「語るなら未来を…」



作詞 : 秋元康
作曲 : PENGUINS PROJECT
編曲 : 佐々木望

こちらは編曲だけを担当。アコースティックギターのカッティング音とエレクトロな打ち込みの混ざり具合がすごく好きです。


リーフシトロン(3B junior) 「青春ペダル」



作詞 : SoichiroK
作曲 : SoichiroK、 Nozomu.S
編曲 : Soulife

スターダストプロモーションの3B junior内ユニット、リーフシトロンにも2曲ほど提供しています。シンプルなアコースティックギターのフォーキーなサウンドは、Soulifeがオリジナル曲を歌っていた頃のサウンドにも直結しています。(現在Soulifeとしては活動休止中のよう)


戸松遥 「No.1 GIRL」



作詞 : 古屋真
作曲 : SoichiroK、 Nozomu.S
編曲 : 古川貴浩

2015年にリリースされた戸松遥さん3枚目のオリジナルアルバム「Harukarisk*Land」に収録されている1曲。発売当時、某DJのUst配信で流れてきてすぐにShazamしてApple Musicでダウンロードし、繰り返して聴いていたのですがこの曲の作曲もSoulifeのお二人でした。さすがです。


乃木坂46 「あらかじめ語られるロマンス」



作詞 : 秋元康
作曲 : SoichiroK、 Nozomu.S
編曲 : SoichiroK、 Nozomu.S

2015年3月にリリースされた「命は美しい」のカップリング曲。当時MVを見たときは齋藤飛鳥さん可愛いな…って感想しかもってませんでしたすみませんでした。


井上苑子 「メリーゴーランド」



作詞 : 井上苑子
作曲 : SoichiroK、 Nozomu.S
編曲 : Soulife

井上苑子メジャーデビューシングル「だいすき。」のカップリングでした。アコギ弾きながら歌う女の子とSoulifeの曲は当然相性がいいですよね。


S-Qty 「Last Spring Snow」



作詞 : SO
作曲 : SO
編曲 : 佐々木望

2010年から2014年まで岡山県倉敷市で活動していたS-Qtyの全楽曲をプロデュースしていたのもSoulifeのお二人でした。「Last Spring Snow」はS-Qty名義での最後のシングル。現在はメンバーも完全に入れ替わってS-Qty:Rという名義でS-Qty時代の曲も歌い継いでいるようです。ちなみにS-Qty:Rのオリジナル曲はSoulife提供ではなくなっています。



以上7組11曲をざっとまとめました。今後もSoulifeのお二人にはバンバンいい曲書いてもらって、そのたびに追記していこうと思います。そして杉山勝彦さんや宮野弦士さんらと横並びで関ジャムでアイドルソング特集やってほしいですよろしくお願いします。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://goodbyemusic.blog.fc2.com/tb.php/79-78ab4f17