NO MAN NO CRY

好きなものがたくさんあって楽しい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
1月は本当にグッとくる曲が少なかったんですが、今月は楽しい曲がいっぱいでした。メジャーどころの、ただのいい曲が多めなのですが、今月のお気に入りをまとめました!

強がりセンセーション「UG stepper feat. MIZ」



作詞:ノブリル、デストロイはるきち
作曲:ミソッカス
編曲:ミソッカス、SiN-言霊BAND

前作のカップリング曲「きみがとまんないっ!!!」を昨年の年間ベストにも入れた強がりセンセーションの、3作連続コラボ企画第2弾。今作はミソッカスが曲を提供し、ヴァイオリニストのMIZをフィーチャリングに迎えてます。ロック色強めのアイドルはいろいろいるんですけど、強がりセンセーションのひたむきで直球な感じはシンプルに惹かれます。MIZさん存じ上げなかったんですがエビ中の「キングオブ学芸会のテーマ」でもバイオリン弾いてる方だったんですね。めっちゃ美人。


清澄高校麻雀部「きみにワルツ」



作詞:ユカ(みみめめMIMI)
作曲:ユカ(みみめめMIMI)
編曲:CHRYSANTHEMUM BRIDGE

漫画「咲-Saki-」の実写映画のオープニング曲。主演の浜辺美波、SUPER☆GIRLSの浅川梨奈、エビ中廣田あいかなどのキャスト5人で歌っています。みみめめMIMIのユカが手がけたポップなメロディを、「炎と森のカーニバル」などの編曲で知られるサウンドプロデュースチームCHRYSANTHEMUM BRIDGEがアレンジ。麻雀部なのに「きみにワルツ」ってタイトルで、音楽室で撮影したMVや音楽のことを歌った歌詞なのが謎だけどいい曲。グロッケン、シロフォン、チャイムなどのいろんな鍵盤打楽器を使って、でも過剰になってない楽しいアレンジ、大大大好物です。


カントリー・ガールズ「Good Boy Bad Girl」



作詞:児玉雨子 
作曲:星部ショウ 
編曲:宮永治郎

カントリー・ガールズ5枚目のシングル。両A面で、どちらかと言うと可愛らしい「ピーナッツバタージェリーラブ」のほうが話題になってたような印象なんですけど、「Good Boy Bad Girl」大好きです。最初サビに入った時に「もうちょっと曲にパンチほしいなぁ」なんて思ったんですけど、繰り返しMVを見てるとメンバーの歌やダンスや表情、そして児玉雨子さんの歌詞に注目しちゃってる事に気づいたのでちょうどいいバランスなのかもしれません。終わり方もめちゃくちゃカッコよくてしびれます。


キケチャレ! feat. Negicco「One Night Sensation!!!」

51ky3me2KNL.jpg

こちらから試聴してみてください。


作詞:RAM RIDER
作曲:RAM RIDER
編曲:RAM RIDER、nishi-ken

キケチャレ! こと危険日チャレンジガールズ! ことエレ片(エレキコミック&ラーメンズ片桐仁)の3人とNegiccoのコラボ音源第3弾。前作はヒャダインが作曲を担当していましたが今回は「Negiccoから君へ」でもおなじみのRAM RIDERさんが楽曲を提供。かえぽの冒頭の「あぁ」の声が気持ちよすぎて、リリースからほぼ毎朝出社中に聴いています。



リリカルネッサンス「THE CUT」



作詞:小出祐介
作曲:小出祐介・Mummy-D・宇多丸
編曲:イイジマケン

去る2/26、新宿BLAZEでのワンマンをもって現体制の活動を終了したlyrical schoolとアイドルネッサンス、13人のコラボユニットが、Base Ball Bearの「THE CUT feat. RHYMESTAR」をカバー。Tパレ感謝祭も一夜限りのリリカルネッサンス対バンも見逃したため、生でのパフォーマンスを見ることはできませんでしたが、こういう楽しい試みが映像と音源に残ったことに感謝です。新体制のリリスクの活躍と、卒業した3人がこれからますます楽しい日々を過ごせることを心から祈っています。


ばってん少女隊「コトバテニス」


俺のネクストガール ばってん少女隊「コトバテニス」ステラボール from RJP on Vimeo.


作詞:三原康司
作曲:三原康司
編曲:フレデリック

ばってん少女隊の3rdシングル「すぺしゃるでい」のカップリングはフレデリックが楽曲提供。昔からフジファブリックが大好きだったため、初期フジファブリックの匂いをずんずん感じるフレデリックの楽曲はなかなか受け入れ難いところがあるのですが、このようにアイドルのフィルターを1枚挟んでもらうと当然好きです。「ガット握ってる」って歌詞で「ん?ガットは握らなくね?」とはなりましたけど、この雰囲気は大好きですね。きっとライブでのウケはよくないんだろうなぁ。


GEM「Sugar Baby」



作詞:Kanata Okajima
作曲:Carlos K., Kanata Okajima
編曲:Carlos K.

GEM7枚目のシングルは、大好きなNMB48「ドリアン少年」の作編曲を手掛けたCarlos K.さんが作曲。スパガ浅川梨奈さんのように何かに秀でたキャラがいるわけでもなく、わーすたのような勢い・個性があるわけでもないため、アイストの中でも若干元気がなく見えちゃうGEMですが、「Sugar Baby」は楽しくて好きです。今年はこういうハッピーなアイドルソングをいっぱい聴きたい。


脇田もなり「Boy Friend」



作詞:飯泉裕子
作曲:佐藤清喜
編曲:マイクロスター

母体のEspecia解散をはじめ、アイドル界隈で切ないニュースが続く中、もなりちゃんがこうしてめちゃくちゃいい曲をめちゃくちゃ楽しそうに歌ってくれているのは全アイドルファンにとっての希望なのではないでしょうか。もなりちゃんが星野みちるの曲も手がけるmicrostarの曲を歌うって聞いた時点で期待感がものすごかったのですが、そんな期待値を軽々飛び越えるイイ曲でした。


つばきファクトリー「初恋サンライズ」



作詞:井筒日美
作曲:山田祐輔
編曲:近藤圭一

つばきファクトリーのメジャーデビューシングル、文句無しにカッコいいですね。いろんな後発アイドルグループが「ハロプロっぽい曲」をやっても、こうやって何歩も先に行って最先端を更新し続けるハロプロのこの感じ、本当にすごいと思います。メンバーの名前まだ1人も知らないし、ぜんぜん予備知識ないけど、今年はつばきファクトリーから目が離せないんだなってことがこの曲で伝わってきました。



WHY@DOLL「キミはSteady」



作詞:竹内サティフォ(ONIGAWARA)
作曲:ONIGAWARA
編曲:ONIGAWARA

WHY@DOLLのTパレ移籍第2弾シングルはスーパーJ-POPユニットONIGAWARAが楽曲提供。ポップでキャッチーなメロディーを書くことができ、アイドル界隈にも造詣が深いONIGAWARAに最初に曲を依頼するアイドルグループどこかなってずっと思ってたんですが、WHY@DOLLがイチ抜けしました。大正解だと思います。ここ最近ディスコサウンドを全面に押し出していたほわどるのテイストから少しだけずれましたが、2人のキュートな魅力を存分に発揮できる曲だと思います。



今月は10曲ピックアップしました。この他にもPASSPO☆のアルバムもすごくよかったんですが、シングル曲以外の新曲がそこまで大ヒットじゃなかったので割愛。SKEのアルバムはまだ聴けてません。

3月は例年イイ曲の当たり月なのですが今年はどうですかね。楽しみです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://goodbyemusic.blog.fc2.com/tb.php/73-2b4ce7a3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。