NO MAN NO CRY

好きなものがたくさんあって楽しい。

今年から再開したマンスリーお気に入りアイドルソングのまとめ。前回のエントリで12月のまとめ記事を書いた際に、「今どき楽曲派…ただのロリコンかよ。なんて思われてもいいから、アイドルが歌ういい曲の話をするんだ!」っていう強い意志を綴ってから寝たところ、とあるローティーンのアイドルにガチ恋する夢を見ました。同じグループ内の2人との三角関係でした。本当にありがとうございました。

とまぁこんな感じでネタにしてはいますが、「アイドルを音楽的な目線で語るやつはただのロリコン」みたいな話が少しづつ広まっていった結果、あんまりみんなアイドルソングの話しなくなっちゃったのは普通にもったいないし、2017年にもなってそんなこと言ってる場合じゃないよねとも思ってます。楽しくいきましょう。


バンドじゃないもん!「YAKIMOCHI」



作詞:浜野謙太
作曲:浜野謙太
編曲:在日ファンク

バンドじゃないもん!の「YAKIMOCHI」は在日ファンクプロデュース。これ初めて聴いたとき「事件だ!!!!」って思ったんですが、思ったより話題になってなくて納得いってません。いつハマケンのシャウトがカットインしてきてもしっくりきそうな、完全な在日ファンクサウンドでめちゃくちゃ大好物。1月度のゴッドタンのエンディング曲にもなりました。ちなみにアイドルの曲がゴッドタンのエンディングに使われるのは2013年のNegicco「アイドルばかり聴かないで」以来です。



E TICKET PRODUCTION 「りんねラップ2 feat.吉田凜音」



作詞:E TICKET PRODUCTION
作曲:E TICKET PRODUCTION

E TICKET PRODUCTIONこと桑島由一さんがアイドル5組6人をゲストに迎えてリリースした「E TICKET RAP SHOW」から、吉田凜音さんをフィーチャリングした「りんねラップ2」です。Eチケさんに関しては、彼を持ち上げようとするために現ライムベリーをいまだにこき下ろして書くような一部のオタやライターのせいで、大好きだったはずなのに素直に聴けなくなっていて…でもそんな雑念が吹き飛ぶ素晴らしい1枚でした。「GOES ON feat.ようなぴ(ゆるめるモ!)」も最高。

そして、吉田凜音さんに関しては「RINNNE HIP」なる活動が始まることもアナウンスされているのですが、3月にリリースされる予定の「裏原ンウェイ」がこれまた最高です。アイドル×ギャングスタ・ラップ×手前に歩くMV。期待しまくってます。



Party Rockets GT 「Time of your life」



作詞:吉水孝之
作曲:三宅英明
編曲:三宅英明

2012年から活動してきたパティロケさん、初のオリジナルアルバムが出ました。これまで名前は聞いててもちゃんと音源を聞く機会がなかったのですが、Twitterで「パティロケのアルバムいい」「パティロケのライブ、めっちゃいい雰囲気」っていう噂を聞いてDLしてみました。シンプルなロックテイストのアイドルってこれまでにもたくさんいて、このジャンルで差別化するの難しいから大変だよなぁなんて思ってたんですが、「シンプルにまっすぐ突き進んできた良さ」を感じるアルバムでした。ライブ行ってみたいです。


きゃりーぱみゅぱみゅ 「原宿いやほい」



作詞:中田ヤスタカ
作曲:中田ヤスタカ
編曲:中田ヤスタカ

「きゃりーがアイドルなのか」ってとこは目をつぶってください。きゃりーのシングル曲といえば、キャッチーなタイトル、キャッチーなMV、そしてキャッチーなサビのフレーズっていうのが専売特許だったと思うんです。ですが今回は遂にと言いますか、いよいよと言いますか、サビは歌わずにドロップ。世界的なEDMの潮流にグッと寄せてきました。これ気持ちいいんですよね。サビ前の「原宿でいやほい!」のぶん投げ方も相まって、ものすごくクセになってます。


前回の更新で「毎月10曲くらいを目安に」と書いたのですが、まさかの今月は4曲で打ち止めでした。他にもいろいろ(夢アドとかアフィリアとか風男塾とかprediaとか)聴いたけどピンと来ず…もし見逃してそうなイイ曲情報あったら教えてください。

逆に2月リリースの曲は好きなのが既にたくさんあるので、来月はもっと紹介できるはずです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://goodbyemusic.blog.fc2.com/tb.php/71-b0d3888b