NO MAN NO CRY

好きなものがたくさんあって楽しい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
12月のはじめに、例年通りアイドル楽曲大賞への投票を終え、アイドルソングベスト30やベストトラック20曲、ベストディスク30枚をまとめ、自己満足を感じながら2016年を締めくくったわけですが、ここにきて12月に結構面白い音源が出てたことに気づきました。今回はそれをまとめます。

2014年、マンスリーでお気に入りアイドルソングをまとめる記事を書いていたのですが1年で止めちゃってました。それを今年から再開することにしました。理由や思うところは色々あるのですが、書いてたらウダウダとかなり長くなっちゃったのでばっさり割愛します。

とりあえず、「もう活動休止や裏アカ流出やオタク同士の揉め事の話はたくさんだ!おれはアイドルのいい曲の話をする!今どき楽曲派…ただのロリコンかよ。なんて思われてもいいから、アイドルが歌ういい曲の話をするんだ!」ってな意気込みです。良ければお付き合いください。


虹のコンキスタドール「パラダイスな片思い」



作詞:NOBE
作曲:村カワ基成
編曲:村カワ基成

虹コンの2ndアルバム「レインボウエクリプス」収録曲。今回ブログでのまとめを再開しようと思ったきっかけの1曲でもあります。アルバムを聴いてみて、ここにきて虹コン改めて面白いぞって思い直してます。「トライアングル・ドリーマー」なんかでとにかくぶち上がってるイメージがこびりついてたんですが、ライブ見に行ってみたいですね。


虹のコンキスタドール「わたし時々、魔法少女」



作詞:NOBE
作曲:ANDW
編曲:村カワ基成

「レインボウエクリプス」からもう1曲。モータウンビートで、聴いてるとウキウキしちゃうんですよねこれ。虹コン楽曲の幅広さを感じます。そして蛭田愛梨さん(12歳)がめっちゃ可愛い。予科生からの昇格、おめでとうございます。(こういうこと書くから良くないのは知ってます)


篠崎愛「TRUE LOVE」



作詞:leonn
作曲:日比野裕史
編曲:baker

再生した瞬間それとわかるめっちゃイイ曲。また大層なタイトルを…なんて思いながら再生して即土下座したくなりました。素晴らしい。報われて欲しい。


MIKA♡MISA 「MAKE HONEY」



作詞:ROMANTIC PRODUCTION
作曲:ROMANTIC PRODUCTION

ライムベリーのMC MISAKIとせのしすたぁのみかが組んだユニット。SOFFetやROCO、dorlisなんかを好んで聴いてた私にとって、「アーバン・ジャジーヒップホップ」っていう大好物ど真ん中な代物でした。


たこやきレインボー「ちちんぷいぷいぷい」



作詞:前山田健一
作曲:前山田健一、大熊猫酸太夫
編曲:大熊猫酸太夫

たこ虹がファンコットやってるなんて全然知りませんでした。1stアルバム「まいど!おおきに!」のリード曲。ハイパヨが散々やってきたファンコットをてらいなくやるこの感じ、たこ虹×ヒャダインの組み合わせじゃないとできないかもしれませんね。


たこやきレインボー「めっちゃDISCO」



作詞:浅利進吾
作曲:浅利進吾
編曲:浅利進吾

それこそ2~3年前にはどこもディスコファンクっぽい曲をやりまくっていたのが、すっかり様変わりした2016年。アイドル楽曲大賞2016ではディスコっぽい雰囲気の曲はメジャー・インディーズともにほぼ上位にランクインしていませんでした。そこにしつこくDISCOをねじ込んでくるこの感じもたこ虹らしくて好きです。でも普通にカッコいいですよねこの曲。



全力少女R「生まれたてのラブソング」


※1:11ごろから

作詞:ジョン・スミス
作曲:ジョン・スミス
編曲:ジョン・スミス

2ndシングル「ギリギリ勝負のトラディション」のカップリング曲。なぜジョン・スミスという名義なのかは謎ですが、ものすごく筑田浩志節の効いたバキバキなディスコチューン。初期GALETTeや、全力少女Rになる前の流星群少女のころの楽曲を彷彿とさせる1曲です。好き。


SUPER☆GIRLS「恋☆煌メケーション!!!」



作詞:多田慎也
作曲:多田慎也
編曲:板垣祐介

ディスコチューンが続いたのでもういっちょ。スパガさんの曲、そこまでハマることなかったんですけどこれはめちゃくちゃ大好物。多田慎也さん×板垣祐介さんといえばFull☆Full Pocketの名曲「おひさまスプラッシュ」のコンビですね(それぞれの代表作は他にもいっぱいあります)。「let's go パリピー」っていう歌詞はくっそダサイですけど、なんだかんだでこういう曲好きなんですよね。抗えません。


Negicco「愛、かましたいの」



作詞:堂島孝平
作曲:堂島孝平
編曲:石崎光

Negiccoの愛嬌たっぷりな魅力、堂島さんが愛情を込めまくった楽曲、石崎光さんのクセのあるアレンジ、高橋結子さんの踊るティンパニ、スミス監督の独特なMV、どこの切り口から語っても何冠でも授けられます。ただただ好きです。


パクスプエラ「DDDD」



作詞:坂本サトル
作曲:坂本サトル
編曲:Jun Abe、坂本サトル

3rdシングル「冬のヒミツ」のカップリング曲。坂本サトルさんが作るDorothy Little Happyの曲が大好きだった身としては、パクスプエラには本当に頑張って欲しい。このシングル、表題曲含め3曲とも好きなんですが、この「DDDD」のほんのり古臭い感じ、ベルハーに感じていたような哀愁漂う雰囲気が癖になります。


NMB48(木下百花ソロ) 「プライオリティー」



作詞:秋元康
作曲:ツキダタダシ
編曲:ツキダタダシ

16thシングル「僕以外の誰か」Type-D盤に収録された木下百花さんのソロ曲。NMBのメンバーに関しては、推しのりりぽん以外1人1人のパーソナルな情報は全然インプットされておらず、彼女のことも「1人髪染めてる変な子いるな…」くらいの認識でしたすみません。このソロ曲めっちゃカッコいいですよね。作・編曲はみんな大好きももクロ「オレンジノート」や「コノウタ」でおなじみ、ツキダタダシさんでした。


12月はこんな感じの11曲。年末恒例の楽曲大賞への投票を考える時に、ノミネート対象になる前年12月リリースの作品ってなかなか覚えていないので、備忘録もかねたまとめでした。今年はこんな感じで毎月更新していきます。2017年も、まだまだ面白がっていこうと思います。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://goodbyemusic.blog.fc2.com/tb.php/70-b459c96c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。