NO MAN NO CRY

好きなものがたくさんあって楽しい。

年間ベストもの、今年のラストはマイベストトラック20曲です。

2015年お気に入り邦楽マイベスト10曲
2016年お気に入りアイドルソングベスト30
2016年お気に入りマイベストディスク30枚

こちらも去年の10曲から20曲に増やしました。マイベストディスクの記事で、見た目シュッとさせようとして動画貼らずにレビューも少なくしたらびっくりするほどリアクションが得られなかったので今回は1曲ずつちゃんと書きますね。



20位 What's Going On? / Official髭男dism



去年から使い始めたAppleMusicと並んで、今年私の生活スタイルを変えたのがradikoのタイムフリー。この曲はTBSラジオのCM中に流れてて「おっ??」ってなった曲でした。30過ぎた身には歌詞が若干恥ずかしいけど、20歳前後に出会ってたらドハマリしてたと思います。


19位 ゴールデンタイム / ORIGINAL LOVE



ここ数年、脂が乗りまくっている感のある田島さん。今いちばんウキウキする音楽を届けてくれる50歳です。秋にあったSuchmosとのツーマンは今年のベストライブの1つ。


18位 ガール都営浅草線 / にゃんぞぬデシ



動画はオリジナルの弾き語りバージョンなんですが、デビュー盤に収録されているアレンジの呑気な感じがとにかく好き。「呑気からにじみ出る哀愁」って最高じゃないですか?2016年盤の「葛飾ラプソディー」です。


17位 ファンタスティックパレード / 夢みるアドレセンス



今年のTIFのHOT STAGEで「お待たせしました、最後はこの曲で盛り上がりましょう!」って可鈴ちゃんが叫んだとき「え?これそんなに人気曲だったんだ??」って思ったんですが、曲が終わる頃にはすっかり虜になってました。全然可愛いだけじゃない。


16位 欲望 / ONIGAWARA



「君が僕に気づいてくれるなら 君が僕を必要としてくれるなら
ジャンルとかカテゴライズされたって別にどうでもいいよ」
サティフォのこの歌詞がめちゃくちゃ好きです。「いいよ」の言い方めっちゃ腹立つけどね!どこまでも突き進んで欲しい。


15位 Slave of Love / ビッケブランカ



最近好きになり、過去の曲も掘っていってるんですけど、聴けば聴くほどイイ曲ばかりでびっくりしてます。来月のワンマン売り切れてて悔しい。ライブも楽しいんだろうなぁ。


14位 Just A Side Of Love / Keishi Tanaka



おとぎ話とのツーマンでLEARNERSを大好きになり、そこからこの曲を知り、よくよく調べたら元riddim saunterの方だったという流れでした。好きになる要素しかない。1位でもいいくらい。こんな順位でいいのか。


13位 泡沫サタデーナイト! / モーニング娘。'16



今年を代表する1曲。これで紅白に出てほしかった。もっともっと売れてほしかった。どんなに落ち込んでても、聴けばテンションが2段階上がる曲。


12位 涙目爆発音 / ワルキューレ


※3:09~

マクロス⊿は見たことないのですが、「作詞作曲:堂島孝平、編曲:北川勝利」と聞いてこれは間違いないはず!と思ったら間違いないどころか最高だった案件。


11位 オーケストラ / BiSH



アイナ・ジ・エンドさん、退院&お誕生日おめでとうございました。最近岸井ゆきのさんと相似形であることに気づいてしまい、ますます好きになっています。


10位 Love,Ya! / フレンズ



WWWでのワンマン、終始ハッピーで勢いを感じるライブでした。それぞれが活動休止、解散、脱退などを経験した中堅どころのミュージシャンたちが集まって、とにかく楽しいことをやろうとしてる感じがすごく好き。来年おそらく音源化される「塩と砂糖」は2017年の暫定1位の座に既に座っています。


9位 薔薇と太陽 / KinKi Kids



バックダンサーを従えて踊る光一と、ギターを抱えて歌う剛。まずこの構図が5億点。今年出た「N album」が本当に好きで何周も聴いてるんですが、「モノクローム・ドリーム」→「星見ル振リ」と気持ち良いサウンドで夢心地になっているところにこの「薔薇と太陽」のイントロでガツンとぶん殴られて目が醒める感じ、病みつきになります。


8位 STAR☆ッとしちゃうぜ春だしね / でんぱ組.inc



クリスマスシーズンになったらみんなが「ジングルガール上位時代」を聴くように、「サクラあっぱれーしょん」とこの「STAR☆ッとしちゃうぜ春だしね」はこの先もずっと聴き続ける春の名曲だと思います。ねむきゅんの落ちサビ「どっち向いて進んでもSmile-day Smash-day」の言い方がとにかく好きすぎる。


7位 セレナーデ / おとぎ話



もともと大好きだったのに、数年間ご無沙汰していたおとぎ話。昨年出た「CULTURE CLUB」、今年の「ISLAY」と名作が続き、自分の中でおとぎ話熱が再燃しています。メンバーのインタビューなどを読んでも、いまいちグッと来なかった時期はメンバー間の関係も良くなかったそう。今、改めていいモチベーションで音楽活動に取り組めているようです。そういう充実感が伝わる曲。


6位 おおるないとじゃっぷせっしょん / Wienners



2分44秒。特濃。この短い時間にこれだけの展開、ワクワク、カッコよさ、気持ちよさを詰め込めるのかっていうね。衝撃作でした。


5位 JET COAST / Suchmos



動画がこれしかなくてアレですが。「MINT CONDITION」収録曲です。洒落た鍵盤、揺らぐギター、ビシビシ決まるスクラッチ、そしてヨンスの歌声と、メンバーそれぞれが奏でる音の組み合わせとバランスが絶妙に気持ちいい。自分は「広くて浅いやつ もう Good night」と言われてしまった側ですが、この曲を聴いて、完全に新時代が来たんだなと感じました。これから、世の中の「カッコいい」を彼らがどんどん更新していくんでしょうね。


4位 二人セゾン / 欅坂46



冒頭の、平手友梨奈さんの横顔。きらめく朝日と頬に並ぶ3つのホクロ。なんて美しいんでしょう。実質1位です。


3位 恋 / 星野源



今年も星野源はなんとなく9位にしようと思っていましたが、ぽんちゃ南端まいなさんの恋ダンス効果により3位にジャンプアップしました。恋ダンス動画まとめ100本、情報提供してくださったみなさんありがとうございました。


2位 愛、かましたいの / Negicco



この曲に関してはこちらで熱く語らせてもらいました。リリイベも毎日楽しかったですほんとに。愛かまを経て、これからNegiccoがどうなっていくのかがただただ楽しみ。


1位 私らしく生きてみたい / Little Glee Monster



というわけで今年の優勝はこれでした。今年の夏、本当に誇張無く1ヶ月位毎日聴いてました。聴いても聴いても全然飽きなくて、ずっと耳が嬉しいんですよ。彼女たちのスキルと楽しげな雰囲気、そして亀田誠治さんの曲の組み立て、アレンジ、ベースラインがぴたっとハマった最高の1曲でした。


1位 私らしく生きてみたい / Little Glee Monster
2位 愛、かましたいの / Negicco
3位 恋 / 星野源
4位 二人セゾン / 欅坂46
5位 JET COAST / Suchmos
6位 おおるないとじゃっぷせっしょん / Wienners
7位 セレナーデ / おとぎ話
8位 STAR☆ッとしちゃうぜ春だしね / でんぱ組.inc
9位 薔薇と太陽 / KinKi Kids
10位 Love,Ya! / フレンズ
11位 オーケストラ / BiSH
12位 涙目爆発音 / ワルキューレ
13位 泡沫サタデーナイト! / モーニング娘。'16
14位 Just A Side Of Love / Keishi Tanaka
15位 Slave of Love / ビッケブランカ
16位 欲望 / ONIGAWARA
17位 ファンタスティックパレード / 夢みるアドレセンス
18位 ガール都営浅草線 / にゃんぞぬデシ
19位 ゴールデンタイム / ORIGINAL LOVE
20位 What's Going On? / Official髭男dism


14位くらいから上は実質全部優勝です!毎年言ってますが今年も楽しい1年でした。ありがとうございました!
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://goodbyemusic.blog.fc2.com/tb.php/64-906ce010