NO MAN NO CRY

好きなものがたくさんあって楽しい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今年もやりますベスト30。先日アイドル楽曲大賞への投票内容はアップしましたが、ここではメジャーもインディーズもハロプロも地下も関係なく、自分の観測範囲内のお気に入りを1組1曲しばりで並べてみました。長くなるので早速行きます。

「アイドル楽曲大賞2016のアルバム部門ノミネート作品をAppleMusicで聴こう」のエントリが好評だったため、今回もタイトルのとこにAppleMusicへのリンク埋めました。30曲中22曲。よかったらスマホなどからリンクとんでみてください。


30位 強がりセンセーション「きみがとまんないっ!!!」



作詞:DJ金魚
作曲:KOJI Oba
編曲:KOJI Oba

AppleMusicのMy New Music Mixにレコメンドされて好きになった曲。もっと上でもいいような気がしますが、ベスト30の景気づけの意も込めて。元気出したい朝によく聴いてます。


29位 ときめき♡宣伝部「むてきのうた」



作詞:浅利進吾
作曲:浅利進吾
編曲:浅利進吾

先日まとめをアップした「アイドル×ピアノロック」の中でもかなり好きな曲。からっと陽気なサウンドなんですけどなんかグッとくるんですよねこれ。


28位 Task have Fun 「Task」



作詞:GUCCHO
作曲:GUCCHO
編曲:GUCCHO

3人とも異常に可愛い。真夜中のニャーゴで里咲りささんが「事務所が本気で売ろうとしてるのがMV見ただけでわかる。アイドルはこうでなきゃ」って言ってましたね。めっちゃ楽しそうな表情のMVなのに、サビで一瞬不穏な展開に流れるメロディラインも好きです。


27位 カントリー・ガールズ「どーだっていいの」



作詞:中島卓偉
作曲:中島卓偉
編曲:鈴木俊介

「ブギウギLOVE」と悩みましたがいずれにしてもカンガルのこの路線大好物です。アイドル×ロカビリーって色んな人が思いつきそうだけど、これだけモノにしてカッコよく決めちゃうのが、ハローの強さだなぁ。


26位 NGT48 「MAXとき315号」



作詞:秋元康
作曲:松本一也
編曲:松本一也

欅坂と同時期に結成してしまったため、完全に話題を食われた感のあるNGT48。でもこの曲いいですよね。MVのほうが好きですがshort ver.しかないのでこちらで。来年メジャーデビューらしいけど、巻き返せるかな。


25位 predia「東京スキャンダル」



作詞:栗原暁 (Jazzin' park)
作曲:栗原暁、久保田真悟 (Jazzin' park)
編曲:栗原暁、久保田真悟 (Jazzin' park)

平均年齢27歳の大人な魅力が堪能できるこの曲、歌うまいし迫力あるし最高です。もっと話題になってよかったと思うんだけどな。好きだけど知らないって人いっぱいいそう。


24位 WHY@DOLL「菫アイオライト」



作詞:つのだゆみこ
作曲:吉田哲人
編曲:吉田哲人、長谷泰宏

WHY@DOLL、なかなかライブ見に行けてないけど、見るたびに進化してて驚きます。曲の世界観をしっかり自分の中に落とし込んで、歌、表情、振り付けで表現するっていう、当たり前なんだけどアイドル界ではなかなか稀有なことを高いレベルでやってます。ちゃんと報われて欲しいグループのひとつ。


23位 RYUTist「日曜日のサマートレイン」



作詞:NOBE
作曲:鎌倉克行(so nice)
編曲:KOJI oba

まごうことなきイイ曲。無垢でピュアでキラキラすぎるので、RYUTistのアルバム聴いたあとはグループ魂とか聴いてバランスをとりたくなる。


22位 lyrical school「サマーファンデーション」



作詞:LITTLE
作曲:AxSxE
編曲:AxSxE

リリスクの曲から感じるハチャメチャな楽しさと、表裏一体に漂う切なさ。花火大会の映像とも相まって、なんかこうギュッてなります。でも #リリバス のレポとか見てるとただただ楽しそうなのも最高。


21位 寺嶋由芙「わたしになる」



作詞:加藤千恵
作曲:宮野弦士
編曲:宮野弦士

ゆっふぃー自身と、その回りにいる人たちみんなの優しさ、あたたかさがホクホク伝わる1曲。それにしても「イイ曲しか作れない男」こと宮野弦士さん、今年は大活躍でしたね。


20位 絶対直球女子!プレイボールズ「ダイビングキャッチ」



作詞:コバヤシユウジ
作曲:コバヤシユウジ
編曲:宮田リョウ

いつかライブに行きたいとずっと思いながら見に行けてないプレイボールズ。この曲も「WE are UMPIRE」もそうですけど、ふざけてるのにちゃんとかっこいい、そのさじ加減が絶妙にしっくりくるんです。来年こそは見るぞ。


19位 AKB48「君はメロディー」



作詞:秋元康
作曲:you-me
編曲:野中“まさ”雄一

「君はセゾン」でだいぶ上書きされましたけど、「君はメロディー」もかなりアレなフレーズですよね。久しぶりにAKBのシングルでいい曲だ!って思って何度も聴きました。サビ前のアコギが好きです。


18位 乙女新党「雨と涙と乙女とたい焼き」



作詞:高橋久美子
作曲:日高央
編曲:ヤマモトショウ

其原有沙さん。このMVでいっぱいスクショしました。ありがとうございました。


17位 つりビット「渚でラテアート」



作詞:トベタ・バジュン
作曲:山口俊樹
編曲:山口俊樹

涼しげな夏のアイドルソング大賞です。単純にめちゃくちゃ好き。


16位 町あかり「最高のセットリスト」



作詞:町あかり
作曲:町あかり
編曲:町あかり

動画、一瞬しか試聴できないので、AppleMusicとかで聴ける人は是非どうぞ。でも一瞬でもめっちゃいい曲なの伝わると思う。


15位 Fullfull☆pocket「おひさまスプラッシュ!」



作詞:多田慎也
作曲:多田慎也
編曲:板垣祐介

今年のアイドル楽曲大賞、地方・インディーズ部門の次点だった曲です。最後の最後まで5位に入れるか悩んでました。2番の終わり際で一瞬強引なとこがあって、あそこがもうちょっと気持ちよくつながってくれれば…でもそれ以外はほんとに大好きなんです。ライブ見たことないけど、ラスサビ前のあれ実際に見たら「Fooooooooooooo!!!」ってなります絶対。


14位 まねきケチャ「タイムマシン」



作詞:古谷完
作曲:藤永龍太郎(ElementsGarden)
編曲:藤永龍太郎(ElementsGarden)

世間一般的にはやっぱり「きみわずらい」のほうが人気なのかな。世間一般はまねきケチャ知らないか。おれの大好きな「アイドル×ピアノロック」にグロッケンシュピールをトッピング。電車の中とかで聴いてて油断すると泣きそうになるやつです。


13位 わーすた「うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ」



作詞:鈴木まなか
作曲:鈴木まなか、Hiroki Sagawa 
編曲:Hiroki Sagawa

「マジでトリケラトップス強い」…なかなか振り向いてくれない草食系男子を草食恐竜に置き換え、討伐するという発明。「いぬねこ。青春真っ盛り」という名曲のあとに、これを超えるメジャーデビュー曲作れる??って思ってたけど心配ご無用でした。強い。でも「完全なるアイドル」がアレだったのでまた心配してます。


12位 こぶしファクトリー「チョット愚直に!猪突猛進」



作詞:前山田健一
作曲:前山田健一
編曲:鈴木俊介
ブラスアレンジ:竹上良成

もうこのあたりまで来ると正直どれも年間ベスト級です。最初にこのMV見たとき1時間くらいリピートが止められませんでした。ヒャダインまだまだいけるよ!


11位 BABYETAL「Amore - 蒼星 -」



作詞:NORiMETAL、MK-METAL、KxBxMETAL
作曲:NORiMETAL
編曲:教頭

東京ドーム公演で、天空ステージにSU-METALが立ち、この曲を歌い始めたときの神々しさ。鳥肌が立ちっぱなしでした。なのになんで24時間テレビのこと歌ってるみたいな歌詞なんだ。好きです。


10位 PASSPO☆「ギミギミaction」



作詞:ペンネとアラビアータ機長
作曲:ペンネとアラビアータ機長
編曲:ペンネとアラビアータ機長

今年のアイドル楽曲大賞、メジャー部門の次点だった曲はこれでした。いやこれイマイチ話題になってないけどめちゃくちゃ良くないですか?この冬ほぼ毎日聴いてるし、どんどん好きになってます。イントロからサビまで35秒で到達する気持ちよさ。カップリングの「ラブリフレイン」も最高です。


9位 ももいろクローバーZ「デモンストレーション」



作詞:清 竜人
作曲:清 竜人
編曲:清 竜人

清 竜人25の解散はとにかく惜しまれますが、こういう外部仕事が増えるなら大歓迎…なんて思ってたら全裸モヒカン入れ墨厄介リプ返おじさんになっててびっくりです。面白い人だなほんとに。ももクロ、ちゃんと今でも好きです。


8位 アイドルネッサンス「トラベラーズ・ハイ」



作詞:スキマスイッチ
作曲:スキマスイッチ
編曲:イイジマケン

8月のNEGi FES以降、しばらく毎日これ聴いてました。動画も含めて最高ですよね。来年から始まるオリジナル曲への挑戦、正直なところ楽しみ半分不安半分です。


7位 フィロソフィーのダンス「パラドックスがたりない」



作詞:ヤマモトショウ
作曲:ヤマモトショウ
編曲:宮野弦士

なんでこの曲1stアルバムにいれなかったんだろうなぁ。昨日久しぶりにフィロのス見たけど、お客さんもかなり増えてて勢いありますね。マリチチプロモーションをよく思わない人もいるかもだけど、イイ曲だけ作ってても現場にはそういうおじさんしか集まらなくて頭打ちになるのが世の常なので、全方位的な戦略でいいなと思ってます。


6位 夢みるアドレセンス「ファンタスティックパレード」



作詞:首藤義勝
作曲:首藤義勝
編曲:江口亮

日本人は盆踊り民族だから、上半身だけで踊れる4つ打ち曲がフェスで流行りがちって話を前に聞いて「なんだかなぁ」って思ってたんですけど、TIFでこの曲を聴いて、荻野可鈴さんの「くるくるとーん!くるくるとーん!」って煽りに合わせて踊ってるときめちゃくちゃ楽しかったんですよね。今年のTIFの優勝曲。


5位 モーニング娘。16「泡沫サタデーナイト!」



作詞:津野米咲
作曲:津野米咲
編曲:鈴木俊介
ストリングスアレンジ:クラッシャー木村

ハロプロ事情にそこまで詳しくない私ですが、流石に今年のハロプロ楽曲大賞はこれでしょう。違うのかな。赤い公園津野米咲さん渾身の1曲。最初に聴いたときから「う~たかた」の「うぅ」の部分は振付も含めてハリウッドザコシショウだと思ってるんですが、そういう話してる人がどこにもいなくてずっと不思議です。


4位 BiSH「オーケストラ」



作詞:松隈ケンタ、JxSxK
作曲:松隈ケンタ
編曲:SCRAMBLES

アイドルがメジャーデビューすることは必ずしも幸せなことだと言い切れないのですが、このライブ映像を見て「メジャーの凄み」を思い知りました。アイナ・ジ・エンドさん、無事喉の手術が終わったらしいので、回復したらライブ見に行きたいです。


3位 でんぱ組.inc「STAR☆ットしちゃうぜ春だしね」



作詞:畑 亜貴
作曲:玉屋2060%
編曲:玉屋2060%

ほぼ仙豆。めちゃくちゃ元気出る。こんな曲、リリースしてくれて本当にありがとうの気持ちです。


2位 欅坂46「二人セゾン」



作詞:秋元康
作曲:Soichiro K、Nozomu.S
編曲:Soulife

優勝です。あれこれ語るのがおこがましく思えるほど。平手さんのこれからを日本中で見守っていきましょう。


1位 Negicco「愛、かましたいの」



作詞:堂島孝平
作曲:堂島孝平
編曲:石崎光

大・逆・転・優勝!! です!!

おれの大好きな堂島孝平さんがおれの大好きなNegiccoをプロデュースしたんだから、そりゃもう最高に決まっているんですが、それにしてもこの曲は素晴らしい。前作「矛盾、はじめました」からアルバム「ティー・フォー・スリー」の流れで、大人っぽく洗練されたグッドミュージック路線に進むのだと思っていたNegicco、ここにきて彼女たち本来の、そして最大の魅力でもある愛嬌とユーモアをこれでもかと引き出すまさかの舵切り。これ、彼女たちがこれから表現活動していくうえでの可能性と振り幅をぐぐぐいっと広げる物凄い力になると思います。

今年の夏、NEGi FESのゲストとしてステージに立った堂島さん、こういうことをおっしゃっていました。



Negiccoが「20年続くアイドル」になるために、未来を見据えてこのタイミングで堂島さんが授けた1曲。実際に、これまでNegiccoを聴いていなかった層にもじわじわと届いているのを感じます。



強い味方がまた一人。今後ともよろしくお願いします。


というわけで、2013年「さよならMUSIC」、2014年「光のシュプール」、2015年「ねぇバーディア」に続き、見事Negiccoが4連覇です。おめでとうございます。そしてありがとうございました。

1位 Negicco / 愛、かましたいの
2位 欅坂46 / 二人セゾン
3位 でんぱ組.inc / STAR☆ットしちゃうぜ春だしね
4位 BiSH / オーケストラ
5位 モーニング娘'16 / 泡沫サタデーナイト!
6位 夢みるアドレセンス / ファンタスティックパレード
7位 フィロソフィーのダンス / パラドックスがたりない
8位 アイドルネッサンス / トラベラーズ・ハイ
9位 ももいろクローバーZ / デモンストレーション
10位 PASSPO☆ / ギミギミaction
11位 BABYMETAL / Amore -蒼星-
12位 こぶしファクトリー / チョット愚直に!猪突猛進
13位 わーすた / うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ
14位 まねきケチャ / タイムマシン
15位 Fullfull☆pocket / おひさまスプラッシュ!
16位 町あかり / 最高のセットリスト
17位 つりビット / 渚でラテアート
18位 乙女新党 / 雨と涙と乙女とたい焼き
19位 AKB48 / 君はメロディー
20位 絶対直球女子!プレイボールズ / ダイビングキャッチ
21位 寺嶋由芙 / わたしになる
22位 lyrical school / サマーファンデーション
23位 RYUTist / 日曜日のサマートレイン
24位 WHY@DOLL / 菫アイオライト
25位 predia / 東京スキャンダル
26位 NGT48 / Maxとき315号
27位 カントリー・ガールズ / どーだっていいの
28位 Task have Fun / TASK
29位 ときめき♡宣伝部 / むてきのうた
30位 強がりセンセーション / きみがとまんないっ!!!


もう下火だとか、ブームの終焉だとかって言われがちなアイドル界隈ですが、何だかんだで今年も十二分に楽しませていただきました。これでもまだエビ中とか乃木坂とかamiinAとかチャーマンズとか吉田凜音とかWBとかふわふわとか、圏外にも好きな曲めちゃくちゃあるんです。来年も、まだまだ飽きることは無さそうです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://goodbyemusic.blog.fc2.com/tb.php/60-ef83a7cd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。