NO MAN NO CRY

好きなものがたくさんあって楽しい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 
ちょっとだけ日にちが空きました。2013年アルバムベスト10、後半戦行きます。
(Twitterなどでちょこちょこコメントもらえるようになって嬉し恥ずかしです。ありがとうございます。)


5位 小さな生き物 / スピッツ




スピッツの14thアルバムです。
ミスチル、スピッツ、ウルフルズ、シャ乱Qあたりが次々にブレイクした90年台中頃、私は中学生だったのですが、当時はウルフルズ派でした。トータスさんリスペクトが強すぎて、ミスチルやスピッツの音楽はカッコイイなぁと思いつつ、心の何処かでライバル視してたところがありました(無駄に、勝手に)。

なのでスピッツのアルバムってたまにレンタルすることはあっても、オリジナルアルバムを買うことってこの歳までなかったんですよね。





ですが、Twitterなどで今作を絶賛する声がちょこちょこ見られて、気になって初めてアルバムを購入…するとまぁなんて素晴らしいんでしょう。



結成から26年ですか。このほっこり落ち着く感じとヒリヒリする感じを裏表でずーっと維持してる26年。とんでもないですね。

カンブリア紀の生き物大好きおじさんの私としてはM5『オパビニア』はもうタイトルからノックアウトです。

小さな生き物小さな生き物
(2013/09/11)
スピッツ

商品詳細を見る



4位 Shiggy Jr. is not a child / Shiggy Jr.



ここからは楽曲ベスト10でも上位にきたグループが続きます。

それにしても、音源の発売をここまで心待ちにしたバンドも久しぶりでした。まだ↑のダイジェスト版が公開になる前、Soundcloudで「Saturday night to Sunday Morning」のフルと、その他の曲のshort ver.が公開されてたんですが、部屋で一人でヘッドフォンしてそれ聴いてる時めっちゃニヤニヤしてたと思います(気持ち悪い)。

6曲全て、short ver.聴くだけでもこれ「絶対好きなやつやん、捨て曲ないやつやん…」ってのがわかって、嬉しくて仕方なかったんです。もうワクワクしちゃって。個人的にはaiko「桜の木の下」、スキマスイッチ「夏雲ノイズ」、堂島孝平「VIVAP」などを初めて聴いた時クラスの嬉しさとワクワク感でした。

中でもM5『今夜はパジャマ☆パーティー』は本当に楽しい!ドラマ性のある歌詞と曲展開で、映像を思い浮かべながらこれまたニヤニヤ。フライング枕アタックおれも喰らいたい。
全曲ギターの原田さんが作詞作曲かとおもいきや、この曲だけはドラムの藤井さん作なんですね。これがまた可能性を感じさせるじゃないですか。なんたる末恐ろしい集団。

来年は一気にメジャーにのし上がっていくのかな。楽しみだなぁ。
Soundcloudには今回のデビュー盤に収録されていないデモ音源も何曲かフリーDLできるようになってます。わくわく。

Shiggy Jr. is not a child.Shiggy Jr. is not a child.
(2013/11/13)
Shiggy Jr.

商品詳細を見る




3位 Negicco / Melody palette




先にお伝えしておきますが、ベスト3はもうほぼ横並びです。悩みに悩んで3位にしました。




Negiccoは元々名前だけ知ってたんだけど、今年の夏まで楽曲はちゃんと聴き込んだことがなかったんです。ゴッドタンの7~9月のエンディングで『アイドルばかり聴かないで』が使われてて、おいおいなんかすごい歌詞歌ってるぞと気になって。そうしてるうちにアルバムの評判がすこぶるいいのが伝わってきて、何気なくAmazonでぽちったのがきっかけでした。




聴くうちにするすると曲が入ってくる感じが気持ちよくて、いいアルバムだなぁと聴いていたのですが、中でもM9『ルートセヴンの記憶』(↑30:10くらいから)に衝撃を受けました。



当時、connieさんとNegiccoの関係性やどういう方なのかも全く存じ上げなかった私は、スキマスイッチ『冬の口笛』やクレイジーケンバンド『タオル』を聴いた時のような心地よさを覚えて興奮気味に上記のようなツイートをしたのでした。するとこれをconnieさん本人にRTしていただきまして、以下のようなやりとりをすることになります。











後にジェーン・スーさんに「ビジネス愚直」とまで言われたconnieさんの人となりに感銘を受けたNegiccoとの出会いでした。結局ザンジバルナイトはまさかの痛風発症で参戦できなかったのですが、その後数回のライブ参戦と新曲にもノックアウトされ、今やNegicco激推しおじさんです。実質1位です。

Melody PaletteMelody Palette
(2013/07/17)
Negicco

商品詳細を見る



2位 中人 / 私立恵比寿中学




はい。日曜に行ったさいたまスーパーアリーナ補正が全くかかってないとは言いません。前半戦の記事を書いた時点では2位と3位逆で考えてました。

去年までアイドルはももクロ単推しだった私、エビ中をちゃんと聴き始めたのは今年に入ってからでした。

たまにテレビつけっぱなしでパソコン作業などしていると、ふいに流れてくる音楽がツボでがばっと振り返ることが年に数回あります。今年だと乃木坂46『制服のマネキン』、エビ中『禁断のカルマ』、ねごと『シンクロマニカ』あたりがそうでした。思えばどれもソニー系列ですね。おそらく録画したさまぁ~ず×さまぁ~ずとかをよくつけてるからでしょう。

気になる曲があるとだいたいすぐに検索をかけて調べるんですが、そこで『制服のマネキン』の作曲者と『禁断のカルマ』、『仮契約のシンデレラ』の作詞・作曲者が同じ(杉山勝彦さん)であることを知ります。



『禁断のカルマ』にはまって、iTunesでDL購入したのをきっかけに少しずつエビ中も聴くようになりました。




あとはこの『誘惑したいや』のライブ動画と、



今年の氣志團万博のライブ動画を見ていただければエビ中の良さは文字にしなくてもだいたい伝わるかと。
先日のさいたまスーパーアリーナでのライブでは『誘惑したいや』を歌い踊る彼女たちを目の当たりにしてあふれる涙を抑えきれませんでした。今もし楽曲ベスト10つくるなら『誘惑したいや』の方をランクインさせたでしょう。大好きな池ちゃん(a.k.a.レキシ)とのコラボも素晴らしかった。

中人、楽しくてボリューム満点でエンタメ度の非常に高いアルバムです。実質1位です。

中人(初回生産限定盤B)中人(初回生産限定盤B)
(2013/07/24)
私立恵比寿中学

商品詳細を見る






1位 CIDER ROAD / UNISON SQUARE GARDEN



はい、今年の1位はCIDER ROADです。
UNISONをちゃんと聴くようになったきっかけも2月のレジーさんのブログでした。

「自由」と「一体感」の狭間で ユニゾン「CIDER ROAD」の話とライブの「盛り上がり方」の話
http://regista13.blog.fc2.com/blog-entry-58.html


この頃アルバムを何枚かまとめて買ったんですが、このアルバムが楽しすぎて他に何も聴く気がしなかったんですよね。これ聴いてれば耳が幸せだったので。一人でワーワー言いながら聴いてました。毎曲、次々に色んな角度で楽しいんですもん。なんて贅沢なアルバムなんだと。




でも、正直元々は聴かず嫌いというか、勝手に自分の中でタグ付けして処理しちゃってたんです。なんかこう、20歳前後のロキノン好きな女の子向けみたいなイメージを勝手に抱いてて。あと、アニソン多めでチャラいみたいな。今思えば本当にしょうもない偏見ですね。




7月、五反田ゆうぽうとホールにて堂島孝平を対バン相手に迎えた自主企画「fun time HOLIDAY 5」でライブ初参戦。UNISONはライブがすごいとは聞いていたのですがこれがまた衝撃体験でした。高い演奏技術でステージから熱量をガンガンぶつけてくる。圧倒的なんだけど、威圧感があるわけじゃなくてただただ楽しい。

開演前は「初期の曲は知らないし客層若めだし、楽しめるかな…馴染めるかな」なんて心配もあったんですが、始まってみれば全く関係無かったです。お客さんも思い思いにステージと向き合ってて、周りの目なんて気にしてた自分が恥ずかしいくらい。

ベースの田淵さんはライブシーンにおける「アンチ一体感至上主義」というようなことを積極的に発信しておられます。お決まりのパターンなんていらないし、じっとしててもいいし、周りに迷惑をかけない範囲なら好きなように体を動かしてくれればいいし、というスタンス。

私の場合、アイドルのライブではサイリウム持って全力でうりゃおいするくせに、ロックバンドのライブでお客さんが揃って拳突き上げたり手拍子し始めると違和感を感じる(ちょっと引く)というひねくれた性格です。このへんは自分の中でもまだ折り合いがついていないのでまた別の機会に掘り下げようかな。とりあえずUNISONのライブは非常に快適で楽しい空間でした。来年3月のZEPPワンマンが今から楽しみです。

「CIDER ROAD」、もっともっと話題になるべき、世間に届くべきだったアルバムです。

CIDER ROAD(サイダーロード)【通常盤】CIDER ROAD(サイダーロード)【通常盤】
(2013/02/06)
UNISON SQUARE GARDEN

商品詳細を見る




はい、というわけで楽曲ベスト10に続いてアルバムベスト10をお送りしました。
冒頭にも書きましたが、今年は積極的に今まで聴かなかったジャンルにも手を出していき、結果お気に入りのたくさん増えた年でした。

いろんなものをディスって生きていくより、なるべく肯定していく方が毎日楽しいことに30手前にして気づけてよかった。もっともっとJ-POP DDになりたいです。


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://goodbyemusic.blog.fc2.com/tb.php/6-c50e0fec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。