NO MAN NO CRY

好きなものがたくさんあって楽しい。

楽曲大賞2016
第5回アイドル楽曲大賞2016


アイドル楽曲大賞2016の投票受付が始まりました。

去年は私がメジャー部門の1位と2位に投票したNegiccoの「光のシュプール」と「ねぇバーディア」がワンツーフィニッシュ(順位は逆だったけど)となり、インディーズ部門では1位に投票したわーすた「いぬねこ。青春真っ盛り」が見事1位だったため、個人的には大満足大納得の結果でした。

一方でアイドルソングのジャンルの多様化や好みの方向性がグッと広がったことによって、結果がしっくり腑に落ちない方も少なからずいたようです。まぁでも万人が納得するようなランキングなんてどうやったって作れないし、「おれは!これが好きなんだ!」みたいな熱のこもった反論が各所であがるのも見てて本当に楽しいんですよね。普段、自分の価値観に近い人達で構成されたタイムラインで暮らしていると、こういうのはすごく新鮮で面白いです。


今年はNegiccoやアイドルネッサンスが所属してるTパレ勢が改めてインディーズ枠に移動しました。これまた賛否あるようですが、もともとなんでメジャーなんだろう…って思ってたので個人的には賛成です。Tパレだけメジャー括りで、同じタワレコレーベルの箱レコォズやPENGUIN DISKがインディーズって謎ですもんね。


というわけで、今年も悩んで悩んで投票しました。去年に引き続き観測範囲は狭めですが、自分が聴いてきた中から好きな曲を並べるとこんな感じになりました。


<メジャーアイドル楽曲部門>

1位 欅坂46 「二人セゾン」 3.0pt



 作詞:秋元康
 作曲:Soichiro K、Nozomu.S
 編曲:Soulife


2位 でんぱ組.inc 「STAR☆ットしちゃうぜ春だしね」 2.5pt



 作詞:畑 亜貴
 作曲:玉屋2060%
 編曲:玉屋2060%


3位 BiSH 「オーケストラ」 2.0pt



 作詞:松隈ケンタ、JxSxK
 作曲:松隈ケンタ
 編曲:SCRAMBLES


4位 夢みるアドレセンス 「ファンタスティックパレード」 1.5pt



 作詞:首藤義勝
 作曲:首藤義勝
 編曲:江口亮


5位 ももいろクローバーZ 「デモンストレーション」 1.0pt



 作詞:清 竜人
 作曲:清 竜人
 編曲:清 竜人


今年の春にでんぱ組の「STAR☆ットしちゃうぜ春だしね」を聴いて、「サクラあっぱれーしょん」以来のとんでもない曲がきたぞと思ったんです。まるで仙豆みたいな曲。楽しいし元気が出るし、ラストまでサービス精神旺盛。同じWiennersの玉屋2060%さんが作曲した「サクラあっぱれーしょん」の時もそうだったんですけど、最後のサビの後にそれまで聞いたことなかったメロディへの展開があって、それがめっちゃ気持ちいいっていうパターン、ほんとに「ありがとう!ありがとう!」って頭を下げたくなります。

秋になってそれを猛追したのがBiSH「オーケストラ」。特にこの野音でのライブ映像には心から感動しました。アイナ・ジ・エンドさんの喉の回復を祈るばかりです。この2曲、どちらを1位にするか、ついこないだまで悩んでたんですよ。

すべてを置いてけぼりにして颯爽と追い抜いていったのが欅坂46「二人セゾン」でした。完璧です。パーフェクトゲーム。本当にありがとうございました。今年は欅坂46の年でした。



<インディーズ/地方アイドル楽曲部門>

1位 フィロソフィーのダンス 「パラドックスがたりない」 3.0pt



 作詞:ヤマモトショウ
 作曲:ヤマモトショウ
 編曲:宮野弦士


2位 アイドルネッサンス 「トラベラーズ・ハイ」 2.5pt



 作詞:スキマスイッチ
 作曲:スキマスイッチ
 編曲:イイジマケン


3位 Negicco 「RELISH」 2.0pt


(1:18~)

 作詞:岩里祐穂
 作曲:connie
 編曲:connie、NEGi BAND


4位 まねきケチャ 「タイムマシン」 1.5pt



 作詞:古谷完
 作曲:藤永龍太郎(ElementsGarden)
 編曲:藤永龍太郎(ElementsGarden)


5位 フィロソフィーのダンス「いつか大人になって」 1.0pt



 作詞:ヤマモトショウ
 作曲:宮野弦士
 編曲:宮野弦士


アイドルソングを面白がって聴き、こういう企画に喜び勇んで投票する層にはNegicco、フィロのス、RYUTistなんかが好きな「良曲派」とsora tob sakana、ブクガ、3776のような曲が好きな「革新派」がいると思います(安易にカテゴライズすると怒られそう)。去年も同じようなことを書きましたが私は完全に前者です。こうやって好きな曲を並べてみると、自分が「ラディカルで尖った曲」より「単純にイイ曲」が好きなのがよくわかります。

一聴してわかるイイ曲ばかりなのであまり語ることはないですね。Tパレとフォースミュージック(まねきケチャ)がインディーズ枠で助かりました。もしメジャーに括られてたらメジャーとインディーズで一票の思い入れにかなり差ができてたと思います。今年は本当にメジャー部門が豊作な年でした。


<アルバム部門>

1位 Negicco 「ティー・フォー・スリー」 3.5pt




2位 ライムベリー 「RHYMEBERRY」 1.5pt




3位 乙女新党 「乙女新党 第二幕 〜旅立ちのうた〜」 1.0pt




5月にロフトプラスワンでの「ティー・フォー・スリー」先行試聴イベントが終わった後、こんなツイートをしました。



音楽的にいろんなチャレンジをした意欲作だった「Rice & Snow」から1年。アルバム全体を通してコンセプチュアルにまとめあげ、優しさと楽しさであふれる傑作が生まれました。アイドルを13年続けると、地方発でもこんなアルバムを作れる。本当にすごいことだと思います。

ライムベリーの1stフルアルバム「RHYMEBERRY」。2015年12月発売の作品で、票は伸びないと思うのですが、本当に大好きなアルバムなんです。今年1年通してめちゃくちゃ聴きました。「Fly High」は2015年にライムベリーからMC HIME、DJ HIKARUが脱退し、MC MISAKIが加入して新宿MARZでのお披露目の時に最初に歌った曲です。「何も恐れることはないよ 君が主人公の物語だ」というフレーズは、いろいろあった当時は正直虚しく響いたのですが、それから1年半以上が経って説得力とエモみが備わりました。新曲も増えたし、次作が楽しみです。

3位は乙女新党のラストアルバムにしました。イイ曲しか入っていません。特に最後の4曲、「胸を張ってこう!」「世界で一番君が好き」「雨と涙と乙女とたい焼き」と続き、底抜けに明るい「新・乙女新党のうた」で締めくくる流れは素晴らしいです。

「ステージの上はいつだって 夢みたいで楽しくて!
歌もダンスも全然 これからだけれど
さぁ いくぜ乙女新党! 2軍の根性見せてやろう!
日本を元気にするんだ みんなの出来る範囲で!」


って歌詞が、解散を決めたアイドルの最後のアルバムの最後の曲のサビなんですよ。ずるいですよね。名盤です。



<推し箱部門> Negicco

negi.jpg

4年連続での投票になりました。
Negiccoを最初に見て、大好きになったのが2013年の秋でした。
こんなにも熱が冷めないものかと自分でも驚いています。



以上です。まだ投票期間は1週間あるので、気変わりがあれば修正するかもしれません。いろんな人の投票報告を見るとつい影響されちゃうので、ブレる前に早めに投票しました。

さっきも書いたように、いろんな人の主観や思い入れや自意識のこもった投票内容見るの本当に楽しいので、特定の層だけじゃなくて色んな人が投票して盛り上がってくれるといいな。例のごとく、投票したくても入れられなかった次選の曲がたくさんあるので、年末にはTOP30くらいを並べてマイベストを作成予定です。ほんとはPASSPO☆にもプレイボールズにもわーすたにもFullfull☆Pocketにもポイント入れたかったよ!
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://goodbyemusic.blog.fc2.com/tb.php/56-b99afce4