NO MAN NO CRY

好きなものがたくさんあって楽しい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |




アイドルが手前に向かって歩いてくるMVが好きです。でも、アイドル以外の、たとえばバンドやシンガーソングライターが手前に向かって歩いてくるMVってパッと思い浮かびません。

人は(私は)なぜ「アイドルが手前に向かって歩いてくるMV」に惹かれ、ドキドキするのでしょうか。


アイドルを応援するという行為には、常に矛盾が存在します。売れて欲しい、人気になってほしい、成功体験を一緒に追いかけたいと思っていても、実際にその軌道に乗るとアイドルとファンの距離はどんどん離れていきます。ファンの母数が増え、会場が大きくなり、接触のレギュレーションが上がり、秒数が短くなり、機会が減り、いずれ無くなります。アイドルが売れれば売れるほど、なるべく近くで見たい、レスがほしい、認知されたいといった欲求は叶いにくくなります。それでもアイドルファンはアイドルを応援するのです。岡田康宏「アイドルのいる暮らし」に出てきた、「アイドルは距離感のゲームだ」という一節、なるほどそのとおりだと思います。


バナナマンの設楽さんが、2014年夏に神宮球場で行われた乃木坂46のライブを観に行ったあと、サインボールを客席に投げる乃木坂ちゃんについて、このように感想を述べていました。



「広いとこでやるデカ箱のライブって、すごい『来る』ように作るじゃん。近づいてきた時の、胸の高鳴りがあるんだよね。」

「遠くだなと思っていたものが近づいてくる、近づいてきたやつから何かが投げられる、それが近づいてくる…もう衝動が抑えられないんだろうね」



そう、本来遠い存在であるもの、そして次第に遠くなっていく存在であるはずのアイドルが、ベクトルをひっくり返し、こっちに向かってどんどん歩み寄ってくるというシチュエーションは、アイドルファンならどうしたってテンションがアガるものなのです。その心理に上手く応えているのが「手前に歩いてくるMV」だったり、ライブでのゴンドラ演出だったりするのでしょう。いまだにチケット取れなくて一度も行ったこと無いけど、原宿駅前ステージのランウェイなんかも、それはそれは高まるんでしょうね。


というわけで、個人的に好きな「アイドルが手前に向かって歩いてくるMV」をまとめました。


虹のコンキスタドール「ぴくしぶおんど」



BPM速めで、ぐいぐい来ます。勢いが素晴らしい。



でんぱ組.inc 「冬へと走りだすお!」



「手前に歩いてくる」にさらに「全編自撮り」という要素を足した素晴らしいMV。名作。



MilkShake 「Say it!」



長崎のアイドル、MilkShakeさん。普通にめっちゃイイ曲。



FantaRhyme 「One Million Times」



地方グループは地元の屋外で歩くMVが多いです。推しです。好きです。年賀状ありがとう。



RYUTist 「ラリリレル」



言わずと知れたRYUTistの代表曲。こちらも地元の商店街を歩いています。3年前のMVですがみんな若い、というか幼い!



lyrical school 「そりゃ夏だ!」




lyrical school 「PARADE」




lyrical school 「ワンダーグラウンド」



リリスクは「手前に歩いてくるMV」を量産している、手前界では大変ありがたい存在です。中でもやっぱりワンカットで撮ってる「ワンダーグラウンド」が一番グッときます。



Hauptharmonie 「Reden ist Silber, Tanzen ist Gold」



Tパレ感謝祭で最初に聴いたとき、Aメロの歌い方からでんぱ組の「冬へと走りだすお!」を連想したのですが、MVみたらちゃんと手前仕様になってて「ナイス!」と思った作品。この年末年始でかなりハマりかけています。



ゆるめるモ!X箱庭の室内楽 「木曜アティチュード」



「手前に歩いてくる」+「逆再生」というちょっと変わり種MV。



ユルリラポ 「午前2時のロンリーガール」



こちらも逆再生だけど、歩き方だけじゃなくてリップシンクまで再現してるすごい作品。最初見た時気づきませんでした。そしてイイ曲。



東京女子流 「ちいさな奇跡」



基本的にはダンスショットが続くのですが、2番のAメロから急に手前に来はじめて「あっ…」ってなります。



ひとまず12曲です。どれもこれもイイ曲。すでにまとめ記事があればよかったのですが、見当たらなかったのでDIYしてみました。他にもおすすめがあれば追記するので、コメントやTwitterなどで教えてもらえると嬉しいです。よろしくお願いします。



(2016/01/08 以下追記)

思った以上に共感してくださる方がいて嬉しかったです。ツイッターやコメント欄などでいろいろ教えていただきました!やっぱりイイ曲いいMV多いですね。以下、まとめ更新です。



ゆるめるモ! 「1!2!かんふー!」



「手前に歩いてくる」+「自撮り」+「チャイナドレス」+「美味しそうなものもぐもぐ」って、なんという至福MVなんでしょう。眼福。


9nine 「Smile Again」



2009年の秋に出た9nineの3rdシングル。教えてもらって初めて聞きましたがイイ曲ですね!


ハイタッチガールズ 「SAIKOU NO NATSU」



アイドルラップと手前歩きMVの相性の良さはリリスクが実証済みですが、前橋のハイタッチガールズも楽しいアイドルラップ×手前歩きで頭角を現し始めています。「Powdersnow」もいいけど、ど正面から撮ったこっちの方が好み。



モーニング娘。 「歩いてる」



タイトルからまさにズバリの曲。久々に聴いたけどなんていい曲なんでしょうね。


ジュネス☆プリンセス「LIFE IS THE GAME」



屋外での一発撮りで、メンバーが入れ替わり立ち替わり前後するこの感じ、大好物です。手前歩きMVの理想形!


おやすみホログラム 「note」



特に理由もなく聴かず嫌いしてたグループですが、教えてもらって見てみたら好きでした。アングル的に手前ぐいぐい度はちょい低め。


ミライスカート 「COSMOsSPLASH」



ミラスカさん名前よく聞くしアゲハスプリングスworksだし嫌いじゃないはずなんですがなんとなくスルーしちゃってました。「EDMサウンド×森」はミスマッチ感ありますが美人さん揃いでいいですね。


LinQ 「ハレハレパレード」



底抜けに明るい音楽にぐいぐい迫ってくるこの感じ好きです。去年のTIFのめちゃくちゃ暑い野外で聴いたこの曲楽しかったなー。



以下は番外編、アイドル以外です!

SCANDAL 「ピンヒールサーファー」




SCANDAL「Stamp!」



ガールズバンド界隈で手前歩きMVと言えばSCANDALです。スタイルもいいから映えますね。


どぼんどぼんど 「どぼんどぼんどのテーマ」



SCANDALのMAMIとTOMOMIがやってたラップユニットどぼんどぼんど。手前に歩くのを抜きにしても曲がとにかく大好物なんですめっちゃカッコイイ。


tofubeats 「水星 feat.オノマトペ大臣」



てくてく歩く仮谷せいらちゃんがまだあどけなくて可愛くて最高。


Saku 「1st Q&A」



わかる人はすぐにわかる、フリッパーズギター「さようならパステルズ・バッジ」のオマージュMVです。ギター持って歩く女の子って可愛いですね!



いろいろ調べた結果、「フリッパーズギターはアイドルだったんだな」っていう思わぬ着地点に到達しました。ご協力いただいた皆様ありがとうございました。

スポンサーサイト

今、NHK-FM ヒャダインの“ガルポプ!”聞いてるんですけど、ハイパヨちゃんはもうがっつりラップ路線に行くんすね。それはそれでありなんですけど、「OH!青春」で、生まれて初めて曲聴いて号泣したんで、そういう路線の曲もまたやってほしいです。記事と関係なくてすいません。

2016.01.02 21:47 URL | ニコ生視聴者 #- [ 編集 ]

>>ニコ生視聴者さん

コメントありがとうございます!ハイパヨは去年のTIFで見てグッと来たニワカなので、過去掘り下げたいなと思っていました。「OH!青春」聴いてみます!

2016.01.03 00:25 URL | 桐山 #- [ 編集 ]

「アイドル」カテゴリーじゃない人たちだと

ゲスの極み乙女「猟奇的なキスを私にして」
SCANDAL「Stamp!」
Carly Rae Jepsen「I Really Like You」

とかありますね

2016.01.03 18:30 URL | #qbIq4rIg [ 編集 ]

『OH!青春!』はヤバイです

(アイドルは青春を捧げているのだから崇拝すべき)ってオタ
(一番楽しい時に恋愛禁止でアイドルなんかやってバッカじゃねえの)って非オタ

両方の意見をハイパヨは『OH!青春!』で吹っ飛ばします

アイドル活動、それこそが私らの青春 と
(私の勝手な解釈かもですが。。。)

とりあえず歌詞だけでも読みこんでみる価値はあります

それが今では「オルタナラップデュオ」と、アイドルの文字が消えたのが残念です

2016.01.03 22:56 URL | ニコ生視聴者 #- [ 編集 ]

>>名無しさん
確かに、アイドルカテゴリ以外でもいろいろありますね!SCANDALなら「ピンヒールサーファー」とかもそうですもんね。ありがとうございます!

>>ニコ生視聴者さん
「アイドルラップ」からいわゆる「フィメールラッパー」への転換期、なんですかね。
でも、去年のTIFのステージで「hy4_4yhが、TIFに帰ってきたぞー!」って叫んでるとき、
すごく誇らしげに見えたんですよ。本人たちはどう思ってるんだろう。
ハイパヨって本人たちがストーリー性とか思惑とかを表に出さないから、もやもやしますね。そこがカッコよさでもあるんですけど。

アイドルラップやるグループが増えてきた中で、ライムベリーのMIRIがフリースタイルに挑んだりして、どこも差別化を考えている、そういう時期なのかもしれませんね。

2016.01.05 01:04 URL | 桐山 #- [ 編集 ]

全部いい曲ですね。探せばもっとありそうなんですけど、意外と出てこない...とりあえず9nineの「Smile Again」は名曲です。

2016.01.05 19:48 URL | つむぎ #- [ 編集 ]

>>つむぎさん

ありがとうございます!いい曲ですねー!
まとめに追加します!

2016.01.08 20:32 URL | 桐山 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://goodbyemusic.blog.fc2.com/tb.php/45-6d68f339

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。