NO MAN NO CRY

好きなものがたくさんあって楽しい。

年間ベストシリーズ、今回は2015年のマイベストディスク10枚です。ちなみにここまではこんな感じです。

2015年お気に入りアイドルソングベスト30 (30~16位)
2015年お気に入りアイドルソングベスト30 (15~1位)
2015年お気に入り邦楽マイベスト10曲

「マイベストアルバム」ではなく「マイベストディスク」としたのは、E.P.も入れたかったから。正直フルアルバムを頭からがっつり聴く習慣が薄れてきちゃったので、5曲以上入ってる盤の中からお気に入りを選びました。

なお、今年も「音楽だいすきクラブ」さんの「ネットの音楽オタクが選んだ日本のアルバム」企画に参加させていただきます。詳しくはこちらからリンクへ。では。


10位 ライムベリー 「RHYMEBERRY」



元ライムベリーのhimeが新生リリスクのメンバーとして喜びと楽しさを爆発させたTパレ感謝祭2015の数時間前、タワレコ新宿店でライムベリーのインストアを見ました。直前(数日前)の告知だったこともあり、集まったお客さんは60人程度だったでしょうか。めちゃくちゃカッコイイアルバムを作り上げて、めちゃくちゃカッコイイLIVEをやってるんだけど、集客が釣り合っていない状況がずっと続いています。それに慣れちゃったのか、メンバーのパフォーマンスもこじんまりしちゃってて…インストアでも、前3列くらいのお客さんに向けて演ってるように見えました。本当にいいアルバムなので、また自信を取り戻してギラギラした楽しいライブを見せつけて欲しいです。


9位 μ's 「μ's Best Album Best Live! Collection II」



凛ちゃん推しです。花陽も好きです。


8位 Orland 「LUV CONNECTION E.P.」



正直これをランクインさせたくて「E.P.もあり」にしたみたいなとこあります。でもほんとにいいんですよねこれ。リードトラックの「Do-De-Da」ももちろんですが、「Trust Me! feat.あきお」はあの頃のDA PUMP感たっぷりで気持ちいいし、「Gold Digger feat.綿めぐみ」も脱力感が心地いい。「おれニュージャックスウィングってジャンルが好きなんだな」ってのを認識させてくれたOrlandに感謝しています。


7位 DJみそしるとMCごはん「ジャスタジスイ」



おみそはん×ねむきゅんのM4「あんかけ炊炒飯」はトラックかっこいいし掛け合い楽しいしお腹すくし最高です。この曲今年の10曲に入れても良かったな。


6位 中田裕二「Liberty」



水曜歌謡祭で「若手ボーカリスト」と紹介された時はマジかよと思いました。ソロとしては6枚目の今作、ものすごかったです。タワレコ渋谷店のPOPに「全てから開放されました」みたいなことを直筆で書いてましたが、ほんとにやりたいこと全力でやってる感じで素敵。M5「リボルバー」が特に好きですが、M10「月の恋人たち」もハッピーになれるし全体的にずっとエロい。


5位 星野みちる 「You Love Me」



M1「ディスコティークに連れてって」、再生ボタンを押した瞬間に聴こえるスネアの音1発で「はぁ…好き!」ってなるこの感じなんなんでしょうね。彼女が選ぶベストディスク10枚がまた素晴らしいラインナップで最高です。


4位 わーすた 「いぬねこ。青春真っ盛り」





いやね、私だってこれをここに置いていいのかって葛藤しましたよ。ミュージックカードだし。でも5曲以上はOKってルールにした以上、外すわけにはいきませんでした。ほんとにイイ曲しか入ってないんです。音楽面をプロデュースしてる鈴木まなかさんはまだ22歳。今後に超超めちゃくちゃ期待しています。


3位 Negicco 「Rice & Snow」



新潟のローカルアイドルが、新潟で暮らしながらこんなアルバム出しちゃうなんてね。Negicco本人たちももちろんですが、彼女たちをここまで支えてくれた色んな方々に感謝したいです。


2位 星野源 「YELLOW DANCER」



実は、このアルバム聴かずに年間ベスト決めようとしてたんです。でもあまりにいろんな人が絶賛してるのを目にして、iTunesで購入しました。M1「時よ」のときはまだ「星野源め!」って気持ちでしたが、M2「Week End」のイントロで「あ…ダメ…好き…」ってなり、最後のM14「Friend Ship」の頃にはもう完全に陥落です。全く抗えませんでした。本当にありがとうございました。


1位 堂島孝平 「VERY YES」



31年生きてきた中で一番好きなアルバムが今年更新されました。先日彼がゲスト出演したミュ~コミ+プラスで吉田尚記アナが「なんで世の中はこの天才を…北野武的な扱いでいいと思うのに」と熱弁してましたがまさに。「VERY YES」、10万枚くらい売れたっていいと思うんですよ。

昨年、前作「フィクション」のリリースツアー初日を見に行った際、そのパフォーマンスに感動し、私はこのブログでLiveレポを書きました。その中で、以下のように彼のことを評しました。

「カッコつけるのをやめて、お客さんを楽しませることに徹した結果、めっちゃカッコいい」っていうポップスターとしての無双状態に入っています。

今回のアルバムは、その空気感を1枚の音源として丸ごとパッケージングすることに成功しています。彼自身もナタリーでのインタビューで「20周年のタイミングで改めて「堂島孝平とはなんぞや」と考えたとき、ライブで感じられる多幸感や能天気な感じが作品に結びついた」と語っていますが、本当にその通りの明るくて陽気なアルバム。

「これまで世の中に無い曲を作りたい」「俺がどう思われようが、こんな曲が世の中にあったほうがいい」と新たに発明を重ねて私たちに届けてくれた楽しい楽しい最高傑作です。一家に一枚ぜひどうぞ。



ベスト10はこうなりました。

1位 堂島孝平 「VERY YES」
2位 星野源 「YELLOW DANCER」
3位 Negicco 「Rice & Snow」
4位 わーすた 「いぬねこ。青春真っ盛り」
5位 星野みちる 「You Love Me」
6位 中田裕二 「Liberty」
7位 DJみそしるとMCごはん 「ジャスタジスイ」
8位 Orland 「LUV CONNECTION E.P.」
9位 μ's 「μ's Best Album Best Live! Collection II」
10位 ライムベリー 「RHYMEBERRY」

バンド物はOrlandしか入りませんでした。選外にした次点を眺めてみても、back number「シャンデリア」くらいかなぁ。すっかりバンドサウンドから耳が離れてしまいました。くどいですが堂島さんの新譜ほんとにオススメです。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://goodbyemusic.blog.fc2.com/tb.php/41-8c50062c