NO MAN NO CRY

好きなものがたくさんあって楽しい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


先日「アイドル楽曲大賞 2015」への投票内容を記事にしたので既に上位は発表済みですが、今年もいろんなイイ曲と出会えたのでベスト30曲をまとめました。1組1曲限定で、ちょっとした感想を添えて。まずは16位までです。

30位 保坂朱乃 「一度きりのReset」



 作詞:吉田格
 作曲:筑田浩志
 編曲:筑田浩志

今年のはじめにGALETTeを卒業し、福岡でソロとIsTaRメンバーとしての活動を始めた保坂朱乃の4thシングル。リリースから数ヶ月遅れで耳にし、何のイベントも特典も無かったのですがタワレコ新宿店で普通に買いました。一昔前なら当たり前ですが、今や珍しい購入スタイルです。それくらい、「あ、これちゃんと音源欲しい」って思えた曲でした。


29位 963 「夢?幻?ドロップス」



 作詞:岩渕竜也
 作曲:Kenichiro Nishihara
 編曲:Kenichiro Nishihara

今年出たリリスクのアルバム「SPOT」の中では「CAR」が一番好きなのですが、「CAR」と同じ岩渕竜也×Kenichiro Nishihara(a.k.a. ESNO)のコンビで作られた、福岡県久留米のアイドル963の曲。ちょこちょこ東京でもライブ増えてきてるのですがまだ生で見れておらず…近いうちに見てみたいと思ってます。


28位 ベイビーレイズJAPAN 「Pretty Little Baby」



 作詞:渡會将士(FoZZtone)、Bill Nauman、Don Stirling
 作曲:渡會将士(FoZZtone)、Bill Nauman、Don Stirling
 編曲:渡會将士(FoZZtone)

コニー・フランシス「可愛いベイビー」を下敷きに、FoZZtoneの渡會将士が小洒落ロックテイストに仕立てたベイビーレイズJAPANの10thシングル。昨年末の武道館公演以後、改名や林愛夏さんの金髪化など、迷走&伸び悩みが深刻なベビレさんですが、夏に出たこの曲はすごく好きでした。とりあえず、wikipediaの略歴が今年の4月から更新されてないのがいろいろ象徴的なので、誰かなんとかしてあげてください。


27位 乃木坂46 「今、話したい誰かがいる」



 作詞:秋元康
 作曲:Akira Sunset、APAZZI
 編曲:Akira Sunset、APAZZI

映画「心が叫びたがってるんだ。」はまだ見れてないのですが、乃木坂46の今年の曲で一番好きだったこの曲。カップリングの「ポピパッパパー」も大好きなんですけど、あれ聴いて「スキャットマン・ジョンのパクリだ!」とか「炎上商法!」とか言ってる人はどこまで本気なんですかね。


26位 赤マルダッシュ☆ 「ワンダフル☆スマイル」



 作詞:貝塚翔太朗
 作曲:村山シベリウス達彦
 編曲:貝塚翔太朗、村山シベリウス達彦

ピンチケに負けずに頑張れ!と声援を送りたくなる赤マルダッシュ☆さん。実はイイ曲いっぱいあるんですよね。なんだかんだ一度もライブ見れたこと無いんですが、最近は現場の荒れっぷりも少しずつ落ち着いてきたらしいので、どこかのタイミングで見てみたいです。



25位 ハコイリ♡ムスメ 「レモネード・キッス」



 作詞:kawzak
 作曲:西岡和哉

今年のアイドル楽曲大賞、モータウン部門はこの曲が優勝。私の推しは遠征先のホテルで爆音でEDMを聴きながらお風呂に入っているという、全然ハコイリじゃない内山珠希さん(高1)です。


24位 ユルリラポ 「午前二時のロンリーガール」



 作詞:souljuice
 作曲:mitsuyuki miyake、TAKAROT
 編曲:TAKAROT

アイドルが手前に向かって歩いてくるMVは大体イイ曲という定説がありますが、この曲はさらに全編逆再生。リップシンクまで違和感なく撮ってるの凄いですよね。ゴッドタンフリークとしては、あの後藤マジ嫌いで脚光を浴びた馬越幸子が、紆余曲折(パチンコメーカーのプロモーションアイドルになって、セメントで皮膚疾患起こしたり…)を経て、また楽しそうにアイドルやってるのが嬉しいです。


23位 西恵利香 「private dance」



 作詞:筑田浩志
 作曲:筑田浩志
 編曲:筑田浩志

元AeLLのリーダー、西恵利香さんの2ndミニアルバム「Prologue」に収録されているM3「private dance」。「あなたの知らない私まで~」のメロは何度聴いても気持ちいいです。筑田浩志さんお得意のディスコファンクサウンドは今年のアイドル界で大流行でしたね。アンジュルム「大器晩成」が火付け役でAKBの「ハロウィン・ナイト」が火消し役。とりあえず一段落、ですかね。


22位 Faint⋆Star 「フィルム!フィルム!フィルム!」



 作詞:waka.t、玉井健二
 作曲:田中秀典
 編曲:野間康介

アゲハスプリングスの丁寧な仕事っぷりが冴え渡る、なんとも気持ち良い1曲。Faint⋆Starイイ曲ばっかりなので、あとはライブの魅せ方というか、お客さんの楽しませ方がもうちょっと上手くなれば、もっと人気出るはずなのになぁなんて余計なお世話。


21位 WHY@DOLL 「曖昧MOON」



 作詞:つのだゆみこ
 作曲:Sunny
 編曲:南田健吾

WHY@DOLLも、もっともっと人気出てもいいのにな…と思いつつ、このあたりの路線はパイの奪い合い状態なのでしょうか。WHY@DOLL好きだし新曲出るたびにチェックするけど、熱心に現場に通って推すかというとそこまで手が回らない…という状態。「曖昧MOON」も、カップリングの「シグナル」もほんとにめっちゃ好きです。


20位 hy4_4yh 「LOVE GENOME」



 作詞:EZAKING卍
 作曲:EZAKING卍
 編曲:Bigboom

ハイパヨ、前に代官山LOOPで見た時にはそんなにグッと来なかったのに、今年のTIFで見たZEPP DIVERCITYのステージは本当に圧巻でした。初日のベストアクトは彼女達です。アゲアゲなファンキーコタサウンドのあとに演ってくれたこの曲、感動しました。10月に出た「ハイパヨ△の青春J-RAP」もめちゃくちゃ良くて、何度も繰り返して聴いてます。オススメ。


19位 amiina 「Canvas」



 作詞:Shuichi Saito
 作曲:Ai Fujimoto、Kota Sakurai
 編曲:nanoline

齊藤州一、藤本 藍、櫻井幸太の3人からなる楽曲プロデュースチームnanolineが手掛けるamiina。男声キーに合わせて合唱パートを作ったそうで、実際にライブ会場でこれを一緒に歌った時の気持ちよさったら無いです。3月に初めてライブを見た後、興奮気味にこんなツイートしてました。



高校受験の期間が終わったら、来年にはアルバム製作予定とのこと。めちゃくちゃ楽しみです。


18位 星野みちる 「行きたい方へ」

YOU LOVE ME

※試聴音源なし

 作詞:星野みちる、はせはじむ
 作曲:星野みちる
 編曲:佐藤清喜

今年でたド名盤「You Love Me」の中で一番好きなのはこの曲でした。ベン・フォールズ・ファイヴ感たっぷりの厚みのあるピアノサウンドにのせて、しっかりと彼女の言葉が届きます。ちゃんと歌詞を聴きたくなる、説得力のある歌声なんですよね。30歳になった星野みちる、これからがますます楽しみです。


17位 ライムベリー 「365」



 作詞:Dahtsu
 作曲:Hiroki Sagawa

日曜の夜、明日からまた会社か…ってちょっとしょんぼりした時にはよくこの曲を聴きました。アイドル界での今年の2大トピックはライムベリーとドロシーの件だと思いますが、2016年はみんな報われて欲しいですね。あと、基本的に目が笑ってないMC MISAKIの心からの笑顔が見れますように。


16位 FantaRhyme 「映画の中で恋をしよう」

4562441290106.jpg

試聴リンクこちら

 作詞:H(eichi)
 作曲:H(eichi)
 編曲:H(eichi)

FantaRhymeの綺麗なハーモニーと2人のキャラクター、可愛らしさがたっぷり詰まってて、ライブで見てて楽しい曲。1月の光が丘Girl's Pop Wakeではぜひこれをやって、ファンをごっそり獲得してほしいと思ってます!



前半はここまで。おさらいです。

16位 FantaRhyme 「映画の中で恋をしよう」
17位 ライムベリー 「365」
18位 星野みちる 「行きたい方へ」
19位 amiina 「Canvas」
20位 hy4_4yh 「LOVE GENOME」
21位 WHY@DOLL 「曖昧MOON」
22位 Faint⋆Star 「フィルム!フィルム!フィルム!」
23位 西恵利香 「private dance」
24位 ユルリラポ 「午前二時のロンリーガール」
25位 ハコイリ♡ムスメ 「レモネード・キッス」
26位 赤マルダッシュ☆ 「ワンダフル☆スマイル」
27位 乃木坂46 「今、話したい誰かがいる」
28位 ベイビーレイズJAPAN 「Pretty Little Baby」
29位 963 「夢?幻?ドロップス」
30位 保坂朱乃 「一度きりのReset」

なんなんでしょう、こうやって並べてみると派手さが全然無いですね…!なんでだ!

全体を通しての所感などは1位まで発表したあとにまとめます。
上位も近日中に公開予定です。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://goodbyemusic.blog.fc2.com/tb.php/38-f8107d6e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。