NO MAN NO CRY

好きなものがたくさんあって楽しい。

2014年はほとんどアイドルソングしか聴かずに過ごしてしまいましたが、今年は少しだけスタンスが元に戻りました。今年聴いた中から、お気に入りの邦楽ベスト10です。

なお、2014年はこちら2013年はこちらです。過去記事を改めて読み返すとごちゃごちゃしててめっちゃ読みにくいですねすみません。それでは。


10位 Czecho No Republic 「Firework」



テレ東で金曜深夜にやってたオムニバスコントドラマ「SICKS」のED曲でした。正直「SICKS」補正めちゃくちゃかかってる気がしますが、このドリーミーで心地よいサウンドが好きで何度も聴きました。ONIGAWARA、GLIM SPANKYとのスリーマン見逃したのがめっちゃ悔やまれます。


9位 星野源 「SUN」



実質優勝みたいなもんですがDJ Meguがめっちゃ嬉しそうにかけててなんか悔しかったので9位です。ヒムペキver.も大好きです。


8位 SEKAI NO OWARI 「ANTI-HERO」



漢字表記だった世界の終わりが「幻の命」とか歌ってるのを聴いて「メロも歌声も大好きなんだけど、リズム隊が打ち込みでカッスカスなんだよなぁ…」なんて思ってたのが5年前。まさかこんなにどっしりしたサウンドでゾクゾクさせてくれるバンドになるとは思いもしませんでした。夏の日産スタジアム、文句なしの最高のエンタメショーでした。


7位 Shiggy Jr. 「サマータイムラブ」



「サマータイムラブ 一時間だけ長く側にいられる」もうこのフレーズが出てきた時点で優勝。ホーン・セクションだけじゃなく、ストリングス隊も従えたホールコンサートが早く見たいです。バカ売れしてください。


6位 ONIGAWARA「恋のメリーゴーランド」



どの曲を選ぶか本当に迷いました。「Let's Dance!!」も大好きだし、えみそんをfeaturingした「U.F.O」もカッコよかったし、こないだ配信が始まった「チョコレイトをちょうだい」も名曲。だけど「恋のメリーゴーランド」の一聴してすぐわかるすかんち感と、MVの間奏でやってる「光のシュプール」オマージュの安すぎる絵面が最高でこの曲にしました。

MVでも十分カッコイイけど、アルバム「エビバディOK?」収録時にサウンドが打ち込みから生演奏に変わってるので、そちらがよりオススメです。

スポンサーサイト