NO MAN NO CRY

好きなものがたくさんあって楽しい。

アイドル楽曲大賞2015
第4回アイドル楽曲大賞2015



ブログ更新をすっかりサボってしまい、まさかのTIF以来の更新となりました。

いろんなアイドルの曲を聴く楽しさに目覚め、「シーン全体を網羅してやる」くらいの勢いでとにかく聴きまくり、結局はそんなの無理だし不毛だな…と気づいたのが2014年。

ある程度イイ曲の情報はTwitterやヲタネットワークで仕入れられるようになったので、今年は少しマイペースに、アイドルに偏重し
まくってたエンタメ欲の重心を少し戻して過ごしました。

なので限られた自分の守備範囲内ではあるのですが、今年もお気に入りのアイドル曲を選び、アイドル楽曲大賞に投票しました。アイドル楽曲大賞についてはこちらをどうぞ。


<メジャーアイドル楽曲部門>

1位 Negicco 「光のシュプール」 3.0pt



 作詞:connie
 作曲:connie
 編曲:田島貴男

昨年12/2に発売されたため、2014年の楽曲大賞にぎりぎりノミネートされなかった1曲。今年1年、この曲を基準にいろいろ聴いてきましたが、結局これでした。イントロからアウトロまで毎秒イイ曲です。この先もずっと色褪せないであろう冬の名曲。


2位 Negicco 「ねぇバーディア」 2.5pt



 作詞:池田貴史
 作曲:池田貴史
 編曲:池田貴史、山口寛雄

TIF2日目夜のSMILE GARDEN、そして日比谷野音ワンマンの思い出補正込みで。ただのネギヲタかよ…って思ってください。今年はどうしてもこのワンツーなんです。


3位 乙女新党 「ツチノコっていると思う…?♡」 2.0pt



 作詞:清 竜人
 作曲:清 竜人
 編曲:ハヤシベトモノリ

清 竜人25のどの曲よりも、清 竜人の天才性と狂人ぶりが発揮された傑作。めまぐるしく展開する楽しくてポップな曲調と可愛すぎる歌詞の世界観に、一気に心をつかまれました。ありがとうApple Music。


4位 NMB48 「ドリアン少年」 1.5pt



 作詞:秋元康
 作曲:藤本貴則
 編曲:武藤星児

NMB48がとんでもない曲出してきたぞ…これは社会現象になる!と思ってたのに自分の界隈でイマイチ話題にならなかったのがいまだに解せません。ただ単にこの曲でセンターを務めたりりぽんのビジュアルがツボだっただけなのでしょうか。今年の夏はこの曲に何度も元気もらいました。


5位 私立恵比寿中学 「フユコイ」
1.0pt



 作詞:田仲圭太
 作曲:田仲圭太
 編曲:松隈ケンタ

今年もエビ中はたくさんのイイ曲と話題を提供してくれたけど、個人的に一番エモかった曲。りななんの落ちサビが大好きです。


<インディーズ/地方アイドル楽曲部門>

1位 わーすた 「いぬねこ。青春真っ盛り」 3.0pt



 作詞:鈴木まなか
 作曲:鈴木まなか・Hiroki Sagawa・サイトウ リョースケ
 編曲:鈴木まなか・Hiroki Sagawa

今年のTIF初日、朝のSMILE GARDENで何気なく見たのをきっかけに、2日間で4ステージ追いかけてしまったわーすた。先日つりビットのツーマンでもラストにこの曲をやっていましたが、これが始まった時のフロアの「キター!!」感は去年1位をとったドロシーの「恋は走りだした」に通じるものを感じます。2015年のアンセムはこの曲。


2位 RYUTist 「Zero and Perfect Moon ~変わらない想い~」 2.5pt



 作詞:瀧神朋生
 作曲:瀧神朋生
 編曲:KOJI Oba

後半で毎回泣いちゃうやつです。この歌詞を、このメロディで、RYUTistが歌うからこそってやつ。


3位 NEW TOWN REVUE loves えりかとあすか 「さよならサンセット」 2.0pt



 作詞:小野泰三
 作曲:小野泰三
 編曲:SHiNTA

今はもう解散しちゃった福岡のバンドHypstone Friendsが残した曲をSHiNTAさんがアレンジし、福岡のご当地アイドルMI6のメンバーでもあるえりかとあすかが歌ったサマーチューン。たまたまタイムラインに流れてきたのを試聴し、「200枚限定」と聴いて即オンラインで注文しました。この曲を聴くたび、なんでキャラメル☆リボンの新曲はSHiNTAさんじゃないんや…と謎の義憤が沸き出します。


4位 わーすた 「Zili Zili Love」 1.5pt



 作詞:鈴木まなか
 作曲:鈴木まなか・大木嵩雄
 編曲:鈴木まなか・大木嵩雄

私の周りでは「Doki Doki♡today」派も多いのですが、ここはもう個人的な好みです。TIF初日、夕方のクタクタな身体を引きずってマイナビステージまで行ってこれ聴いたときの感動凄かったなぁ。ビブラフォンの音色×踊る鍵盤×可愛いアイドルis最高。


5位 里咲りさ 「カタルカストロ」



 作詞:里咲りさ
 作曲:里咲りさ
 編曲:灘藍

初めてこの曲を聴いたのは、確か「真夜中のニャーゴ」での南波一海さんレコメンドだったと思います。里咲りささん本人が「相対性理論みたいでいいでしょ!?」って言っててぶっ飛んだ記憶。でもアイドルグループ運営しながらソロでこのクオリティの曲がんがん作って活動してるって、ほんとどうかしてて凄いです。いつかソロ咲現場も行かなきゃな。


<アルバム部門>

1位 Negicco 「Rice & Snow」
 3.0pt



「Melody Palette」をちゃんと超える文句なしの名盤でした。一生聴くやつです。


2位 星野みちる 「You Love Me」 2.0pt



イイ曲しか出さない星野みちるの間違いないアルバム。小西さんのあの曲さえなければ1位でした。


3位 私立恵比寿中学 「金八」 1.0pt



3位はRYUTistとどっちにするか迷いに迷いに迷いましたが、より楽しい方にしました。


<推し箱部門> Negicco

3年連続でNegiccoに投票しました。毎年言ってますが、今一番推し甲斐のある3人です。



投票は以上です。個人的な所感を言うと、今年は普通にイイ曲、いわゆる「良曲」を好んで聴いた1年でした。

私の知り合いのヲタさんが、いわゆる「楽曲派」も細分化されていて、「良曲」然としたものを好む派と「革新的」なラディカルなものを好む派に分かれてきていると言っていました。そういう分類でいくと私は完全に「良曲派」なんだと思います。朝の出勤中にちょっとテンション上げたいとき、ちょっと精神的に疲れてて元気出したいときなど、気軽に楽しく聴ける曲が上位にきました。

惜しくも投票できなかった好きな曲も沢山あるので、去年同様に30位くらいまでは順位付けして後日公開する予定です。そしてこれとは別に、開票までに順位予想もやってみようと思ってます。今年は去年以上にどんな曲が上位に来るのか全然想像がつきませんね。
スポンサーサイト