NO MAN NO CRY

好きなものがたくさんあって楽しい。

前回の女の子ランキングに続いて、もっと謎な男の子ランキング。こちらの企画に参加です!


1位 佐久間宣行(テレビ東京プロデューサー)

nobrock.jpg


「ゴッドタン」と「SICKS」に助けられた1年でした。来年も「ウレロ☆無限大少女」楽しみです。「佐久間宣行のオールナイトニッポンR」も最高だったなぁ。ありがとうnobrock。


2位 堂島孝平

news_xlarge_20150222_07.jpg

稀代のポップスター。どんどんマチャアキになってほしい。


3位 南波一海

CTYZ0CVUsAAvZyB.jpg

ベボベ小出さんとの「真夜中のニャーゴ」で、「服を着たままスチームアイロンでシワを取ろうとして火傷した」っていうドジっ子エピソードを披露した時に「あっ…」ってなりました。


4位 クロちゃん(安田大サーカス)



正確にはクロちゃん×藤井健太郎Pの合わせ技一本です。


5位 池田貴史(レキシ)

8fd88165.jpg

池ちゃん好きだよ池ちゃん。堂島孝平×レキシの「レキシミブルー」再演求む。


6位 斉藤伸也(ONIGAWARA)

saito.png

今年一番キャーキャー言ったJ-Popおじさん。来年もサイリウム振りに行きます。


7位 中村晃(福岡ソフトバンクホークス)

akira.jpg

3年連続3割としっかり結果を残すワイの晃。可愛い。


8位 有吉弘行

obashot.jpg

有吉のオバショットシリーズ好きです。


9位 丸山ゴンザレス

E1437597299347_eb42_3.jpg

「クレイジージャーニー」最高です。丸山ゴンザレスが買ってくるお土産のコーナーが毎回楽しみ。


10位 田島貴男(ORIGINAL LOVE)

CMmVaCtUsAA45z6.jpg

a.k.a.テンション貴男。来年は自分のライブに「ケチャ」を積極的に取り入れていくそうです。ソウルパワー!


好きな男の子を真剣に考えるのめっちゃ難しかったけど面白かった。でもなんででしょう、女の子ランキング公開より遥かに恥ずかしいぞ。よいお年を!!
スポンサーサイト
先日今年のマイベストディスク10枚を発表して、年間ベスト系はやりきったかなと思いましたが、面白そうな企画があったので参加します。

まっつのブログって名前、氾濫しすぎだろ!
#2015年ベスト女の子ランキング #2015年ベスト男の子ランキング やるよ。


・ベスト10に選ぶ基準はなんでもOKです。(「今年キュンキュンした度」「純粋なかっこよさ」「見ていて死にたくなった度」「文章がきれい」etc…)

とのことなので、普通に今年好きな女の子10名を並べました!いきます!


1位 Kaede(Negicco)

tanupo.jpg

ありがとう佐藤食品工業。


2位 SAYA(FantaRhyme)

saya.jpg

浅草でのファンミBBQの時、「え?やついフェス見なかったの?あんなに盛り上がったのに!」みたいなことを他のファンの方に言われ、私がしょんぼりした顔をするっていうミニコント的なヲタ同志のじゃれあいをやってた時、「でも!明日のライブはやついフェスよりもっといいステージにしますから!!」って真剣な目つきでマジレスくれて死にました。


3位 松岡茉優



「桐島、部活やめるってよ」の時はあんなに憎たらしかったのになぁ。今年のCM大賞。


4位 岸井ゆきの

papa_sub1-th.jpg

「友だちのパパが好き」今年のマイベスト映画です。


5位 三品瑠香(わーすた)

CTIJWSLUkAEw3_y.jpg

推しは廣川奈々聖さんです。来年も言い続けます。


6位 清水富美加

まゆきち

年始のウレロ舞台で好きになり、年末のSICKSで大ファンに。オードリー若林に、初対面で16歳って嘘ついた話めっちゃ好きです。


7位 ayaka(lyrical school)

tumblr_n851tfZv6N1qf4yc3o1_500.jpg

舞台「AKIRA」での長台詞、Tパレや大部フェスでのガチ泣きなど、名シーン連発でした。好きです。


8位 須藤凛々花(NMB48)

riripon.jpg

メガネ女子は好きですが、レンズ越しに輪郭が歪んでガチで目が悪いことがわかると最高度5割増し。


9位 岡本夏美

00ccd9d0.png

ワイドナショーで、ワイドな高校生枠が岡本夏美ちゃんじゃないとガッカリする体になってしまいました。


10位 百川晴香(Ru:Run)



まだ一度もライブ見たこと無いけど、この動画は即保存しました。100枚積んじゃう気持ちもわからなくはない。



以上10名でした!需要あるのか全くわかりませんが男の子ランキングも年内にまとめます。

TIFから半年近く更新をサボってたとは思えないほど、ブログづいてます。今夜も更新です。去年に続き、いよいよ明日開票となるアイドル楽曲大賞2015の順位予想をやってみようと思います。

アイドル楽曲大賞について詳しくはこちら
私の今年の投票結果はこちら

さて、今年の予想の前に、去年の振り返りです。去年も順位予想やってみたんですが、予想と結果は以下のとおりでした。

<メジャーアイドル楽曲部門 順位予想>
1位 Will♡You♡Marry♡Me? / 清 竜人25
2位 サクラあっぱれーしょん / でんぱ組.inc
3位 いいくらし / チームしゃちほこ
4位 アンコールの恋 / 私立恵比寿中学
5位 FRESH!!! / lyrical school
 ↓
<メジャーアイドル楽曲部門 結果>
1位 恋は走りだした / Dorothy Little Happy
2位 ギミチョコ!! / BABYMETAL
3位 Will♡You♡Marry♡Me? / 清 竜人25
4位 サクラあっぱれーしょん / でんぱ組.inc
5位 トリプル! WONDERLAND / Negicco

「恋は走りだした」が1位として発表されたときの、会場の盛り上がりったらなかったですね。なお、「いいくらし」は11位、「アンコールの恋」は28位、「FRESH!!!」は8位でした。


<インディーズ/地方アイドル楽曲部門 順位予想>
1位 17才 / アイドルネッサンス
2位 じゃじゃ馬と呼ばないで / GALETTe
3位 踊ろよ、フィッシュ / つりビット
4位 No1 Sweeper / Especia
5位 チュララ / RYUTist
 ↓
<インディーズ/地方アイドル楽曲部門 結果>
1位 17才 / アイドルネッサンス
2位 IDOL ILLMATIC / ライムベリー
3位 No1 Sweeper / Especia
4位 #ゆーふらいと / 寺嶋由芙
5位 踊ろよ、フィッシュ / つりビット

けっこういい線いってましたよね。「じゃじゃ馬と呼ばないで」は10位、「チュララ」は18位でした。


<アルバム部門 順位予想>
1位 Killing Me Softly / 東京女子流
2位 STARTING OVER / Dorothy Little Happy
3位 GUSTO / Especia
 ↓
<アルバム部門 順位予想>
1位 STARTING OVER / Dorothy Little Happy
2位 BABYMETAL / BABYMETAL
3位 GUSTO / Especia

1位に予想してた「Killing Me Softly」は4位でした。


そんなこんなで、去年はそれなりの精度だった順位予想。今年も自己満でやってみます。
ただ、今年は去年にもまして順位予想が難しいのです。代表曲や、話題になった曲が本当に少ない。先日のFNS歌謡祭で話題になった48G×スタダ勢×ハロプロのコラボでも今年リリースの曲が1曲もなかったのが象徴的ですよね。

じわりじわりと規模が大きくなってきたアイドル楽曲大賞ですが、去年1位になった「恋は走りだした」でも得票数は154票。限られた一部界隈でのお祭りです。その傾向について考えてみました。

・ジャージャー曲にはあまり票が集まらない。
アイドル好きでも「曲の善し悪し」なんてどうでもいいって人はたくさんいます。よっしゃいけて楽しく沸けること、メンバーが可愛いこと、接触のコスパがいいことなどが売りのグループにとって、楽曲大賞の順位なんて何の価値もないのです。

・いわゆる「Well-made」な良曲が上位に来がち。
先ほどの裏返しですが、こういうランキングで上位にくることをヲタが誇りに思うグループってのもいるわけです。Tパレ勢、アゲハスプリングス界隈、エビ中ファミリーなどがそれにあたります。

・TIFなどでアンセム化した曲に票が集まりがち。
去年の「恋は走りだした」のように、アンセム化した曲、話題を集めた曲はなんだかんだで上位に来ます。今年だと…?


といったことを踏まえて、今年の順位予想です!


<メジャーアイドル楽曲部門 順位予想>

1位 光のシュプール / Negicco




2位 スーパーヒーロー / 私立恵比寿中学




3位 YOU / アイドルネッサンス




4位 ねぇバーディア / Negicco




5位 くらっちゅサマー / 夢みるアドレセンス




Negicco「光のシュプール」はリリースが昨年12月なのと、「ねぇバーディア」との票割れがネックですが、なんだかんだ物語的な要素と、TIFでのSMILE GARDENの評価もあって上位にくるんではないかと。もちろん個人的な希望もあります。「くらっちゅサマー」は、正直言って夢アドヲタの票は全然集まらないと思うのですが(夢アドヲタは楽曲大賞とか興味無さそう)、垣根を超えたDDの評価が集まりそうな予感です。


<インディーズ/地方アイドル楽曲部門 順位予想>

1位 Change the Power!!! / Chelip




2位 C'mon! / 大阪☆春夏秋冬




3位 いぬねこ。青春真っ盛り / わーすた




4位 Canvas / amiina




5位 カタルカストロ / 里咲りさ




インディーズ/地方部門はますます自信が無いです。運営サイドががっつり投票を呼びかけ、ファンも熱いChelipが抜けちゃうんじゃないかと。大阪☆春夏秋冬は今年のTIFブレイク枠。5位は里咲社長と3776とsora tob sakanaで迷いましたが社長で。



<アルバム部門 順位予想>

1位 Rice & Snow / Negicco




2位 金八 / 私立恵比寿中学




3位 RYUTist HOME LIVE / RYUTist




これまた、3位は3776とどっちかな…って思ってます。個人的な好みでRYUTistにランクインしてほしい!



ってな具合に予想してみましたが、ほんとに難しいですね。完全に門外漢なのでStereo TokyoなどのEDM勢は外してますが結構上位に来たりするのかな。個人的な興味は乙女新党「ツチノコっていると思う…?♡」がどこまで上位に来るかです。

明日は阿佐ヶ谷ロフトでの開票イベント、2年連続で行ってきます。できるだけ速報ツイートしようと思ってますのでワイワイ楽しみましょうー!

年間ベストシリーズ、今回は2015年のマイベストディスク10枚です。ちなみにここまではこんな感じです。

2015年お気に入りアイドルソングベスト30 (30~16位)
2015年お気に入りアイドルソングベスト30 (15~1位)
2015年お気に入り邦楽マイベスト10曲

「マイベストアルバム」ではなく「マイベストディスク」としたのは、E.P.も入れたかったから。正直フルアルバムを頭からがっつり聴く習慣が薄れてきちゃったので、5曲以上入ってる盤の中からお気に入りを選びました。

なお、今年も「音楽だいすきクラブ」さんの「ネットの音楽オタクが選んだ日本のアルバム」企画に参加させていただきます。詳しくはこちらからリンクへ。では。


10位 ライムベリー 「RHYMEBERRY」



元ライムベリーのhimeが新生リリスクのメンバーとして喜びと楽しさを爆発させたTパレ感謝祭2015の数時間前、タワレコ新宿店でライムベリーのインストアを見ました。直前(数日前)の告知だったこともあり、集まったお客さんは60人程度だったでしょうか。めちゃくちゃカッコイイアルバムを作り上げて、めちゃくちゃカッコイイLIVEをやってるんだけど、集客が釣り合っていない状況がずっと続いています。それに慣れちゃったのか、メンバーのパフォーマンスもこじんまりしちゃってて…インストアでも、前3列くらいのお客さんに向けて演ってるように見えました。本当にいいアルバムなので、また自信を取り戻してギラギラした楽しいライブを見せつけて欲しいです。


9位 μ's 「μ's Best Album Best Live! Collection II」



凛ちゃん推しです。花陽も好きです。


8位 Orland 「LUV CONNECTION E.P.」



正直これをランクインさせたくて「E.P.もあり」にしたみたいなとこあります。でもほんとにいいんですよねこれ。リードトラックの「Do-De-Da」ももちろんですが、「Trust Me! feat.あきお」はあの頃のDA PUMP感たっぷりで気持ちいいし、「Gold Digger feat.綿めぐみ」も脱力感が心地いい。「おれニュージャックスウィングってジャンルが好きなんだな」ってのを認識させてくれたOrlandに感謝しています。


7位 DJみそしるとMCごはん「ジャスタジスイ」



おみそはん×ねむきゅんのM4「あんかけ炊炒飯」はトラックかっこいいし掛け合い楽しいしお腹すくし最高です。この曲今年の10曲に入れても良かったな。


6位 中田裕二「Liberty」



水曜歌謡祭で「若手ボーカリスト」と紹介された時はマジかよと思いました。ソロとしては6枚目の今作、ものすごかったです。タワレコ渋谷店のPOPに「全てから開放されました」みたいなことを直筆で書いてましたが、ほんとにやりたいこと全力でやってる感じで素敵。M5「リボルバー」が特に好きですが、M10「月の恋人たち」もハッピーになれるし全体的にずっとエロい。

2014年はほとんどアイドルソングしか聴かずに過ごしてしまいましたが、今年は少しだけスタンスが元に戻りました。今年聴いた中から、お気に入りの邦楽ベスト10です。

なお、2014年はこちら2013年はこちらです。過去記事を改めて読み返すとごちゃごちゃしててめっちゃ読みにくいですねすみません。それでは。


10位 Czecho No Republic 「Firework」



テレ東で金曜深夜にやってたオムニバスコントドラマ「SICKS」のED曲でした。正直「SICKS」補正めちゃくちゃかかってる気がしますが、このドリーミーで心地よいサウンドが好きで何度も聴きました。ONIGAWARA、GLIM SPANKYとのスリーマン見逃したのがめっちゃ悔やまれます。


9位 星野源 「SUN」



実質優勝みたいなもんですがDJ Meguがめっちゃ嬉しそうにかけててなんか悔しかったので9位です。ヒムペキver.も大好きです。


8位 SEKAI NO OWARI 「ANTI-HERO」



漢字表記だった世界の終わりが「幻の命」とか歌ってるのを聴いて「メロも歌声も大好きなんだけど、リズム隊が打ち込みでカッスカスなんだよなぁ…」なんて思ってたのが5年前。まさかこんなにどっしりしたサウンドでゾクゾクさせてくれるバンドになるとは思いもしませんでした。夏の日産スタジアム、文句なしの最高のエンタメショーでした。


7位 Shiggy Jr. 「サマータイムラブ」



「サマータイムラブ 一時間だけ長く側にいられる」もうこのフレーズが出てきた時点で優勝。ホーン・セクションだけじゃなく、ストリングス隊も従えたホールコンサートが早く見たいです。バカ売れしてください。


6位 ONIGAWARA「恋のメリーゴーランド」



どの曲を選ぶか本当に迷いました。「Let's Dance!!」も大好きだし、えみそんをfeaturingした「U.F.O」もカッコよかったし、こないだ配信が始まった「チョコレイトをちょうだい」も名曲。だけど「恋のメリーゴーランド」の一聴してすぐわかるすかんち感と、MVの間奏でやってる「光のシュプール」オマージュの安すぎる絵面が最高でこの曲にしました。

MVでも十分カッコイイけど、アルバム「エビバディOK?」収録時にサウンドが打ち込みから生演奏に変わってるので、そちらがよりオススメです。



さて、前回に引き続き15~1位です。前半はよっしゃ行けない曲ばかり並んでどうにも地味なラインナップになりましたが後半はどうなるでしょうか。上位はほとんどアイドル楽曲大賞への投票エントリで書いたとおりなので感想もさらっと目ですがそれでは。


15位 GEM 「Baby, Love Me!」



 作詞:KAJI KATSURA
 作曲:NA.ZU.NA
 編曲:NA.ZU.NA

AppleMusicユーザー的にエイベックスさんは惜しげも無く楽曲をアップロードしてくださるので大変ありがたいです。カップリング含め3曲ともド最高だった昨年夏のシングル「Do You Believe?」に比べるとちょっと物足りないですが、この曲も好きでよく聴きました。イベントなどで見るとメンバーの声量やダンスに迫力があっていつもビックリします。今後もばんばんイイ曲出していってほしい。


14位 BABYMETAL 「Road of Registance」



 作詞:KITSUNE of METAL GOD・MK-METAL・KxBxMETAL
 作曲:Mish-Mosh・NORiMETAL・KYT-METAL

カッコ良すぎて怖いっていう、もはや畏怖の念が生まれています。動画にもなってるこのSSAのステージ以来もう1年近くライブ見れてないけど、来年はついに2ndアルバムも出るし、新曲のパフォーマンス見に行きたいですね。散々語られてると思うけど、1:34のMOAMETALの悪戯な表情がめっちゃ好きです。


13位 里咲りさ 「カタルカストロ」



 作詞:里咲りさ
 作曲:里咲りさ
 編曲:灘藍

アイドル三十六房「Rグランプリ」1位おめでとうございます。初めて三十六房にゲストで出た時にはまだキャラが定まってなくて小池美由リスペクト的な喋り方だったけど、無事軌道修正できましたね。「ボーンブレイクガール」「シャイガール戦争」もほんとにちゃんとイイ曲なので、今後がめちゃくちゃ楽しみです。


12位 清 竜人25 「A・B・Cじゃグッと来ない!!」



 作詞:清 竜人
 作曲:清 竜人
 編曲:Tom-H@ck

年初、「これは追いかけると面白いことになりそうだぞー」とワクワクしていたのですが、推しだった第5夫人の清 菜月脱退以降、熱量を持って清家の世界観にのめり込めなくなってしまいました。この曲の頃は楽しかったな。先日約半年ぶりにライブを見たとき、メンバーが「私達いま倦怠期だから…」と笑いながら言ってましたが、ちょっとやることやり尽くしたような雰囲気も感じたりして。竜人君、次はどう動くんでしょうね。


11位 lyrical school 「ワンダーグラウンド」



 作詞:LITTLE
 作曲:SUI
 編曲:SUI

初めて聴いたのはAKIBAカルチャーズ劇場での「TOKYO PRINCESS GIG! Vol.1」で、いきなり泣きました。2014年の夏、底抜けに明るい「FRESH!!!」で楽しませてくれたリリスクが1年経って見せてくれたのは「刹那的な楽しさ」。メンバーの楽しげな表情と、色んな意味での「限り」を思わせる歌詞とトラックが相まって、他のアイドルソングにはないエモさになってます。MC HIMEの加入でいい風が吹きますように。


先日「アイドル楽曲大賞 2015」への投票内容を記事にしたので既に上位は発表済みですが、今年もいろんなイイ曲と出会えたのでベスト30曲をまとめました。1組1曲限定で、ちょっとした感想を添えて。まずは16位までです。

30位 保坂朱乃 「一度きりのReset」



 作詞:吉田格
 作曲:筑田浩志
 編曲:筑田浩志

今年のはじめにGALETTeを卒業し、福岡でソロとIsTaRメンバーとしての活動を始めた保坂朱乃の4thシングル。リリースから数ヶ月遅れで耳にし、何のイベントも特典も無かったのですがタワレコ新宿店で普通に買いました。一昔前なら当たり前ですが、今や珍しい購入スタイルです。それくらい、「あ、これちゃんと音源欲しい」って思えた曲でした。


29位 963 「夢?幻?ドロップス」



 作詞:岩渕竜也
 作曲:Kenichiro Nishihara
 編曲:Kenichiro Nishihara

今年出たリリスクのアルバム「SPOT」の中では「CAR」が一番好きなのですが、「CAR」と同じ岩渕竜也×Kenichiro Nishihara(a.k.a. ESNO)のコンビで作られた、福岡県久留米のアイドル963の曲。ちょこちょこ東京でもライブ増えてきてるのですがまだ生で見れておらず…近いうちに見てみたいと思ってます。


28位 ベイビーレイズJAPAN 「Pretty Little Baby」



 作詞:渡會将士(FoZZtone)、Bill Nauman、Don Stirling
 作曲:渡會将士(FoZZtone)、Bill Nauman、Don Stirling
 編曲:渡會将士(FoZZtone)

コニー・フランシス「可愛いベイビー」を下敷きに、FoZZtoneの渡會将士が小洒落ロックテイストに仕立てたベイビーレイズJAPANの10thシングル。昨年末の武道館公演以後、改名や林愛夏さんの金髪化など、迷走&伸び悩みが深刻なベビレさんですが、夏に出たこの曲はすごく好きでした。とりあえず、wikipediaの略歴が今年の4月から更新されてないのがいろいろ象徴的なので、誰かなんとかしてあげてください。


27位 乃木坂46 「今、話したい誰かがいる」



 作詞:秋元康
 作曲:Akira Sunset、APAZZI
 編曲:Akira Sunset、APAZZI

映画「心が叫びたがってるんだ。」はまだ見れてないのですが、乃木坂46の今年の曲で一番好きだったこの曲。カップリングの「ポピパッパパー」も大好きなんですけど、あれ聴いて「スキャットマン・ジョンのパクリだ!」とか「炎上商法!」とか言ってる人はどこまで本気なんですかね。


26位 赤マルダッシュ☆ 「ワンダフル☆スマイル」



 作詞:貝塚翔太朗
 作曲:村山シベリウス達彦
 編曲:貝塚翔太朗、村山シベリウス達彦

ピンチケに負けずに頑張れ!と声援を送りたくなる赤マルダッシュ☆さん。実はイイ曲いっぱいあるんですよね。なんだかんだ一度もライブ見れたこと無いんですが、最近は現場の荒れっぷりも少しずつ落ち着いてきたらしいので、どこかのタイミングで見てみたいです。


アイドル楽曲大賞2015
第4回アイドル楽曲大賞2015



ブログ更新をすっかりサボってしまい、まさかのTIF以来の更新となりました。

いろんなアイドルの曲を聴く楽しさに目覚め、「シーン全体を網羅してやる」くらいの勢いでとにかく聴きまくり、結局はそんなの無理だし不毛だな…と気づいたのが2014年。

ある程度イイ曲の情報はTwitterやヲタネットワークで仕入れられるようになったので、今年は少しマイペースに、アイドルに偏重し
まくってたエンタメ欲の重心を少し戻して過ごしました。

なので限られた自分の守備範囲内ではあるのですが、今年もお気に入りのアイドル曲を選び、アイドル楽曲大賞に投票しました。アイドル楽曲大賞についてはこちらをどうぞ。


<メジャーアイドル楽曲部門>

1位 Negicco 「光のシュプール」 3.0pt



 作詞:connie
 作曲:connie
 編曲:田島貴男

昨年12/2に発売されたため、2014年の楽曲大賞にぎりぎりノミネートされなかった1曲。今年1年、この曲を基準にいろいろ聴いてきましたが、結局これでした。イントロからアウトロまで毎秒イイ曲です。この先もずっと色褪せないであろう冬の名曲。


2位 Negicco 「ねぇバーディア」 2.5pt



 作詞:池田貴史
 作曲:池田貴史
 編曲:池田貴史、山口寛雄

TIF2日目夜のSMILE GARDEN、そして日比谷野音ワンマンの思い出補正込みで。ただのネギヲタかよ…って思ってください。今年はどうしてもこのワンツーなんです。


3位 乙女新党 「ツチノコっていると思う…?♡」 2.0pt



 作詞:清 竜人
 作曲:清 竜人
 編曲:ハヤシベトモノリ

清 竜人25のどの曲よりも、清 竜人の天才性と狂人ぶりが発揮された傑作。めまぐるしく展開する楽しくてポップな曲調と可愛すぎる歌詞の世界観に、一気に心をつかまれました。ありがとうApple Music。


4位 NMB48 「ドリアン少年」 1.5pt



 作詞:秋元康
 作曲:藤本貴則
 編曲:武藤星児

NMB48がとんでもない曲出してきたぞ…これは社会現象になる!と思ってたのに自分の界隈でイマイチ話題にならなかったのがいまだに解せません。ただ単にこの曲でセンターを務めたりりぽんのビジュアルがツボだっただけなのでしょうか。今年の夏はこの曲に何度も元気もらいました。


5位 私立恵比寿中学 「フユコイ」
1.0pt



 作詞:田仲圭太
 作曲:田仲圭太
 編曲:松隈ケンタ

今年もエビ中はたくさんのイイ曲と話題を提供してくれたけど、個人的に一番エモかった曲。りななんの落ちサビが大好きです。


<インディーズ/地方アイドル楽曲部門>

1位 わーすた 「いぬねこ。青春真っ盛り」 3.0pt



 作詞:鈴木まなか
 作曲:鈴木まなか・Hiroki Sagawa・サイトウ リョースケ
 編曲:鈴木まなか・Hiroki Sagawa

今年のTIF初日、朝のSMILE GARDENで何気なく見たのをきっかけに、2日間で4ステージ追いかけてしまったわーすた。先日つりビットのツーマンでもラストにこの曲をやっていましたが、これが始まった時のフロアの「キター!!」感は去年1位をとったドロシーの「恋は走りだした」に通じるものを感じます。2015年のアンセムはこの曲。


2位 RYUTist 「Zero and Perfect Moon ~変わらない想い~」 2.5pt



 作詞:瀧神朋生
 作曲:瀧神朋生
 編曲:KOJI Oba

後半で毎回泣いちゃうやつです。この歌詞を、このメロディで、RYUTistが歌うからこそってやつ。


3位 NEW TOWN REVUE loves えりかとあすか 「さよならサンセット」 2.0pt



 作詞:小野泰三
 作曲:小野泰三
 編曲:SHiNTA

今はもう解散しちゃった福岡のバンドHypstone Friendsが残した曲をSHiNTAさんがアレンジし、福岡のご当地アイドルMI6のメンバーでもあるえりかとあすかが歌ったサマーチューン。たまたまタイムラインに流れてきたのを試聴し、「200枚限定」と聴いて即オンラインで注文しました。この曲を聴くたび、なんでキャラメル☆リボンの新曲はSHiNTAさんじゃないんや…と謎の義憤が沸き出します。


4位 わーすた 「Zili Zili Love」 1.5pt



 作詞:鈴木まなか
 作曲:鈴木まなか・大木嵩雄
 編曲:鈴木まなか・大木嵩雄

私の周りでは「Doki Doki♡today」派も多いのですが、ここはもう個人的な好みです。TIF初日、夕方のクタクタな身体を引きずってマイナビステージまで行ってこれ聴いたときの感動凄かったなぁ。ビブラフォンの音色×踊る鍵盤×可愛いアイドルis最高。


5位 里咲りさ 「カタルカストロ」



 作詞:里咲りさ
 作曲:里咲りさ
 編曲:灘藍

初めてこの曲を聴いたのは、確か「真夜中のニャーゴ」での南波一海さんレコメンドだったと思います。里咲りささん本人が「相対性理論みたいでいいでしょ!?」って言っててぶっ飛んだ記憶。でもアイドルグループ運営しながらソロでこのクオリティの曲がんがん作って活動してるって、ほんとどうかしてて凄いです。いつかソロ咲現場も行かなきゃな。


<アルバム部門>

1位 Negicco 「Rice & Snow」
 3.0pt



「Melody Palette」をちゃんと超える文句なしの名盤でした。一生聴くやつです。


2位 星野みちる 「You Love Me」 2.0pt



イイ曲しか出さない星野みちるの間違いないアルバム。小西さんのあの曲さえなければ1位でした。


3位 私立恵比寿中学 「金八」 1.0pt



3位はRYUTistとどっちにするか迷いに迷いに迷いましたが、より楽しい方にしました。


<推し箱部門> Negicco

3年連続でNegiccoに投票しました。毎年言ってますが、今一番推し甲斐のある3人です。



投票は以上です。個人的な所感を言うと、今年は普通にイイ曲、いわゆる「良曲」を好んで聴いた1年でした。

私の知り合いのヲタさんが、いわゆる「楽曲派」も細分化されていて、「良曲」然としたものを好む派と「革新的」なラディカルなものを好む派に分かれてきていると言っていました。そういう分類でいくと私は完全に「良曲派」なんだと思います。朝の出勤中にちょっとテンション上げたいとき、ちょっと精神的に疲れてて元気出したいときなど、気軽に楽しく聴ける曲が上位にきました。

惜しくも投票できなかった好きな曲も沢山あるので、去年同様に30位くらいまでは順位付けして後日公開する予定です。そしてこれとは別に、開票までに順位予想もやってみようと思ってます。今年は去年以上にどんな曲が上位に来るのか全然想像がつきませんね。