NO MAN NO CRY

好きなものがたくさんあって楽しい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
アイドルソングベスト30に続いて、邦楽の年間ベストトラック10曲を選びました。このランキングではノンジャンルで好きな曲を10曲並べています。

なお2013年のベスト10は以下のとおりでした。

1位 さよならMusic / Negicco
2位 Girl / 秦基博
3位 Saturday night to Sunday morning / Shiggy Jr.
4位 I'm your MANAGER!!! / 私立恵比寿中学
5位 リトルダンサー / セカイイチとFoZZtone
6位 バタアシParty Night / フジファブリック
7位 5 The POWER / ももいろクローバーZ
8位 東京デスティニー / ポルノグラフィティ
9位 脱水少女 / 藤岡みなみ&ザ・モローンズ
10位 冬へと走りだすお! / でんぱ組.inc


今年もかなり悩みましたが頑張って10曲に絞りました。
ではいきます。


10位 ひまわりの約束 / 秦基博



映画「STAND BY ME ドラえもん」の主題歌として、iTunesなどの配信サイトでロングセールスを続けている秦くんの「ひまわりの約束」。昨年の「GIRL」に続いての選出です。今年も矢野フェスで彼のステージを見たけどほんとにかっこよくてずるい声ですよね。

元私立恵比寿中学の鈴木裕乃さん出演のMVも大好き。制服姿と笑顔が眩しいです。


9位 コール・ミー / Drop's



今年は去年にもましてギターロックから遠のいてしまったのですが、新しく出会ったバンドで心をつかまれたのはDrop'sとボールズの2組でした。ボーカルの力強い歌声がドスンとバンドの真ん中にいて存在感たっぷりで。同じ5人組だしこの2組がツーマンやってくれたら嬉しいなぁ。


8位 きらきらキラー / きゃりーぱみゅぱみゅ



小さい頃からドラムを叩いていたこともあり、20代半ばまで生音主義者だった私。テクノっぽいピコピコしたサウンドを聴かずに育ってきたため、Perfumeやきゃりーぱみゅぱみゅなどの中田ヤスタカworksには完全に乗り遅れました。

打ち込みでもいい曲はいいし、生音でも駄曲は駄曲ってことにようやくここ数年で気付き、抵抗がなくなったところに「きらきらキラー」が直撃しました。今さらすぎてすいません。きゃりー素晴らしいです。


7位 恋のキモチは5% / 三森すずこ

三森すずこ


恋のキモチは5% - 好きっ【通常盤】

声優の三森すずこ1stアルバム「好きっ」に収録されている「恋のキモチは5%」。試聴できる動画がないのでiTunesリンクでご勘弁ください。

正直三森すずこさんのことは全く存じ上げなかったのですが、たまたま目にしたナタリーの臼杵さんのTweetで狙い打たれました。







熱いレコメンドに「どれどれ」と試聴してまんまとハマりました。大好物でした。作詞作曲編曲はみんな大好き矢野博康さんです。声優さん関連はまだまだ守備範囲外なのですが、聴けてないだけでいい曲いっぱいあるんだろうなぁ。


6位 ストーリー / Dorothy Little Happy



富永美杜さんが可愛いので6位です。


5位 サクラあっぱれーしょん / でんぱ組.inc



このMVの見どころをスクショして1枚ずつ出しあって延々と良さを語る飲み会やりたいです。
君の未来を明るく照らすなんて お茶の子さいさいさい」でんぱ組が言うからグッとくるんだよなぁ。


4位 ディスコの神様 feat.藤井隆 / tofubeats



2014年で一番楽しかった6分間はこの曲をフロアで聴いていた時間かもしれません。スミノフ片手に踊りまくった深夜2時半の思い出。藤井隆さんにいただいたサイン、大事にします。


3位 crazy for you / さいとうまりな



今年の夏にリリースされた4曲入りの「はじまるふたり - ep」は4曲とも本当に本当に素晴らしくて。堂島孝平が手がけたM1、M2、tofubeatsが手がけたM4も大好きなのですが、一番気に入って聴いたのは多田慎也さん作詞作曲のM3「crazy for you」でした。



上の動画でさらっと4曲ダイジェストで聴けるのでぜひ。このシングルはもっともっと話題になって良かったと思うのです。


2位 光のシュプール / Negicco



Negiccoのこれからの10年は明るい。そんなことを確信させてくれる、希望に満ちた名曲です。
今年の冬は何があってもこの曲があるから大丈夫。


1位 俺は、ゆく / 堂島孝平



今年の1位は堂島孝平が春にリリースした15枚目のアルバム「フィクション」から、リードトラック「俺は、ゆく」です。

堂島孝平なりの21世紀版「マイ・ウェイ」。今年はライブ会場で、直立不動のままこの曲で何度も泣きました。比喩表現じゃなくてほんとにタオルで拭わないとダメなやつ。

活動休止も解散も改名もせず、素晴らしくPopな作品を発明し続け、歌い続けている堂島孝平。それ故に評価されにくいのがもどかしいところですが、「最新作が常に最高傑作」を実践し続けている彼の遊び心、エンターテイナーぶりはもっと多くの人に知ってもらいたい。

来年2月にはいよいよデビュー20周年。中野サンプラザでの記念公演はもちろんチケット確保済みです。今の彼のライブを見逃すのは本当にもったいないですよ!



というわけで今年の10曲は以下のようになりました。

1位 俺は、ゆく / 堂島孝平
2位 光のシュプール / Negicco
3位 crazy for you / さいとうまりな
4位 ディスコの神様 feat.藤井隆 / tofubeats
5位 サクラあっぱれーしょん / でんぱ組.inc
6位 ストーリー / Dorothy Little Happy
7位 恋のキモチは5% / 三森すずこ
8位 きらきらキラー / きゃりーぱみゅぱみゅ
9位 コール・ミー / Drop's
10位 ひまわりの約束 / 秦基博


はい。改めて見返しても今年はほんとにギターロック系が減りました。ちなみに次点(アイドルもの除く)はこんな感じです。

・ray / BUMP OF CHICKEN feat. HATSUNE MIKU
・fake! fake! / カラスは真っ白
・東京 / きのこ帝国
・Mrs.サマー / Galileo Galilei
・女の子は泣かない / 片平里菜
・Listen to the Music / Shiggy Jr.
・harmonized finale / UNISON SQUARE GARDEN
・Driver / Sanabagun
・七色の少年 / パスピエ
・LIFE / フジファブリック

このへんに来るとバンド物もたくさん入ってくるんですけどね。今年は年間通してPop寄りの気分でした。来年は今年のようにがむしゃらにアイドルソング聴きまくる日々からは抜ける気がしているので、また幅広くいろんな音楽を聴いていきたいと思っております。いい音楽いっぱい聴けて2014年も楽しかった!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。