NO MAN NO CRY

好きなものがたくさんあって楽しい。

堂島孝平×A.C.E. 2014ツアー「ノンフィクション」初日
@渋谷duo MUSIC EXCHANGEに行ってきました。

Liveが楽しめなくなるようなガッツリネタバレは少なめだと思いますが、気になる方はお気をつけ下さい。


堂島孝平デビュー20年目にして15枚目のアルバム「フィクション」を引っさげての全国ツアー「ノンフィクション」初日。
今年前半は住岡梨奈のサポートとしてのツアー帯同、主演映画の公開などあり、バンド形式でのワンマンライブは今年初とのこと。ライブ初公開の楽曲も多く、テンションは高めですがほのかに緊張感が漂うステージでした。

私自身も昨年はUNISON SQUARE GARDENとのツーマン、矢野フェス、したまちコメディ映画祭などでライブは見てましたが、ワンマンとなると実に2年半前のLIQUIDROOMぶりです。


まず感想から。


いやーすごかった!
めっちゃ良かった!
めちゃめちゃ楽しかった!


「フィクション」をテーマにした今回の2時間ちょっとのライブは、素敵なショーを1本観たような、楽しさとカッコよさと感動が綯い交ぜになったライブでした。


堂島君の音楽を聴くようになって、ライブを見に行くようになって8年くらい経ちますが、いま彼は転換期にいます。
というか常に新しいことをやっていたい人なので、常に転換期なのですが、それにしても今の彼は見逃せない。

これまでも、彼はかなりサービス精神旺盛なミュージシャンで、MCも達者だし、お客さんを楽しませることを第一に考えていたと思います。ですが、今回のツアーでは「エンターテイナー」としてさらに一皮むけたように見えました。

「カッコつけるのをやめて、お客さんを楽しませることに徹した結果、めっちゃカッコいい」っていうポップスターとしての無双状態に入っています。


彼に一体何があったのでしょうか。


今回のアルバム「フィクション」を制作するにあたり、長年続けてきたセルフプロデュースではなく、cafelonの石崎光さんをプロデューサーとして招いています。その理由をナタリーのインタビューでこう語っています。

 僕はね、「新作いいね」ってすげー言われたいんですよ(笑)。それが大事なんだよなあ。音楽を作る気持ちの持ちようとして「こんな音楽がやりたい」というよりも、新しいものを発見したい、発明したいという欲求が、たぶん異常に強いんです。セルフプロデュースという手法すらも「自分にとって新しくない」という判断で今回は破りたかった。

他者のプロデュースに身を委ねることで、セルフプロデュースでは自分でも気づいていなかった「良さ」が出てくるのではないかというトライだったそうです。

その結果、今作は彼の歌声や歌詞の物語性、豊かな曲調など、新鮮な魅力が引き出された楽しいアルバムになりました。2010年に出た「VIVAP」でそれまでのキラキラPopの「高み」に達し、その後の「A.C.E.」、「A.C.E.2」ではソリッドなバンドサウンドによる音作りをしてきましたが、それらとはまた色味の違う素敵なアルバムに仕上がっています。

フィクション(初回生産限定盤)(DVD付)フィクション(初回生産限定盤)(DVD付)
(2014/03/26)
堂島孝平

商品詳細を見る



また、今作に向けた心境の変化のきっかけとして、先述のナタリーやラジオなどで「したまちコメディ映画祭」での堺正章さんとの共演をあげています。




昨年秋、彼はバックバンドで堺さんの後ろにつき、「さらば恋人」を演奏しました。

子供の頃からの憧れだったマチャアキとの共演や楽屋でのエピソードを通じて、「周りのみんなの思いを全部、自分のロマンとして背負って」エンターテイナーに徹するマチャアキの凄さを思い知り、感銘を受けたとのこと。


なお、この日のイベントにはももクロも出演してました。マチャアキリスペクトで西遊記の衣装を着こなし、懸命にパフォーマンスするももクロのステージを目にし、またその後の自身のステージで客席の8割を埋めたモノノフから物凄い声援を受けています。








この経験も、彼の「エンタメ」に対する考え方に影響を与えたのではないでしょうか。
さらに言うと、遊び心満載の楽曲・ライブが受け入れられ、動員を加速度的に伸ばしている盟友、レキシ池ちゃんの動向も影響してたりするかもしれません。 ※このあたりは私の妄想です。


そういったもろもろを経て今回のツアーに至っているわけです。


2年半ワンマンを見ていないのでもしかしたら段階的な変化はあったのかもしれませんが、私がこれまでと大きく違いを感じたのは、「エンターテインメント」としてのライブの魅せ方でした。

照明による演出、音効、小芝居などなど、どうすればお客さんがより楽しめるか。ライブハウスという「ノンフィクション」の空間で、どうすれば「フィクション」の世界感を作れるか。

このあたりをかなり練って、工夫して、表現しているように見えました。

「お客さんを絶対楽しませるぞ!」っていう意気込みと、「おれはこのやり方でやっていく!」っていう覚悟のようなものが伝わってきて、そこにエンターテイナー堂島孝平の進化を感じたのです。


セットリストも、アルバムの曲を中心に新旧のキラーチューンを織り交ぜてて最高。旧曲は「フィクション」に絡めて物語的な曲多めのチョイスになってました。

初めて聴くレア曲(初期シングルのカップリング曲)よかったなぁ。90年代後半の曲なのに新曲かと思える色褪せなさ凄い。
あと、このブログのタイトルにもしている大好きなあの曲を聴けたのもめちゃくちゃ嬉しかった。


Vo+Gt 堂島孝平
Dr 小松シゲル[NONA REEVES]
Bass 隅倉弘至[初恋の嵐]
Gt 奥田健介[NONA REEVES]
Key sugarbeans

今回のバンドメンバーは今までのA.C.E.とは異なり、ベースに隅倉さん、キーボードにsugarbeansさんが入っていますが、初日とは思えないグルーヴ感が出てました。これ、ツアー巡るごとにどんどん良くなっていくんだろうな。


そして、これはもう報告するのも野暮なレベルかもですが、
「俺は、ゆく」で泣きました。



直立不動で聴いていましたが、1番のサビでリアルに右目から涙がこぼれ、頬をつたい、首まで流れました。
感動してウルウルすることは多くても、曲中にポロポロ涙が流れたのはそんなに経験がないなぁ。前にCLUB QUEで松本素生「2030」を聴いて以来かもしれません。


というわけで長々と書いてきましたが、今回の堂島孝平ツアー「ノンフィクション」本当にオススメです。
ジャンル問わず、音楽好きの人はもちろんのこと、「普段音楽そんなに聴かないよ」って人を連れて行ってもきっと満足して帰ってもらえるような、そんな素敵なLiveです。

次の関東での公演は6/27(金)草月ホールです。
やついフェス2014にも出演するので行かれる方はぜひ。


I need I need I need a FICTION 喜ぶ顔でいたい
I need I need I need a FICTION 喜ぶ顔が見たい
明るさを君にもたらすならば
嘘つき呼ばわりされても ちっともかまわない

(堂島孝平 / 「フィクションの主題歌」より)


スポンサーサイト
今月もサボらずに前後半に分ければよかったと軽く後悔しています。桐山です。

さて、今月はアイドル楽曲紹介に入る前にちょっとお知らせです。

かねてよりブログを愛読しており、何度かツイートの引用などもさせていただいた音楽ライターのレジーさんが、このたびポータルサイトを開設されました。

 レジーのポータル http://regista13.jimdo.com/

こちらはブログでの深い考察とは別にシンプルに楽曲紹介をしていく目的で作られたそうです。その中にレジーさんご自身がテーマにそって13曲のリストを作り、公開する「my playlist」と、様々な立場の「音楽好き」が選んだ13曲を順に公開する「someone's playlist」というコーナーがあります。

その「someone's playlist」のレギュラーメンバーとして、なんと私も参戦することになりました。今後も色々な方が登場するようですが、私も不定期でいろんな音楽を紹介していく予定です。
記念すべき1発目は「“J-POP DD”がグッときたアイドルソング13選(2014年1月~3月)」ということで、挨拶代わりのアイドルDDリストです。

我ながらこのリスト、20周はかるく聴いたと思いますがバラエティに富んでいてなかなか飽きません。ほぼこのブログで紹介した楽曲まとめみたいな形になってますが、楽しいリストになってますのでぜひ。

※↑プレイリスト、公開終了しました。また不定期でアップされる予定です。(5月追記)


では今月もお気に入りソングを紹介していきますね。


4/2発売 lyrical school「brand new day」



作詞:LIT­TLE
作曲:AxSxE
編曲:AxSxE

何ででしょう、リリースされたの遠い昔な気がしますね。tengal6からlyrical schoolに名前を変えて5枚目のシングルです。

昨年末のTパレ感謝祭で、嶺脇社長が「2~30分のショーケース的なライブなら今どこにも負けない」と仰っていたとおり、メキメキ力をつけて勢いづいているリリスク。特にリーダーayakaの覚醒っぷりが最近見るたびすごいです。

去年出したアルバム「date course」はそれはそれは名盤だったわけですが、今回のシングルもいいですねぇ。

楽しさと気持ちよさが絶妙にちょうどいいこの感じ。
音源で聴くも良し、ライブでぶちアガるも良し。この1ヶ月、ほんとうによく聴きました。

初回版Bにはtofubeatsリミックスの「ひとりぼっちのラビリンス」、connieさんリミックスの「リボンをきゅっと」が収録されてて、これがまたどちらもいい空気感なんでオススメです。

brand new day(初回限定盤B)brand new day(初回限定盤B)
(2014/04/02)
lyrical school

商品詳細を見る



4/2発売 乃木坂46「気づいたら片想い」



作詞:秋元康
作曲:Akira Sunset
編曲:湯浅篤

乃木坂46、8枚目のシングル。
48系列はあまり詳しくない自分も、乃木坂は好きな曲がたくさんあって、いつかライブ見に行ってみたいなぁとずっと思っています。

今回の新曲、MVが公開された時、オフィスで昼休みに見てまして、「あぁ、こういうお涙頂戴的なドラマ仕立てかぁ」とか思って斜に構えてたんですが、普通にじわじわ引きこまれまして。
最後の3段階転調の時には「ずるいよくそー」とか思いながらブワってなってました。

ドラマを盛りたてる意味でもあそこの転調は効果的ですが、普通に歌詞をなぞりながら聴くときにもかなりエモーショナルな演出ですよね。片想いしたくないけど、自分の気持ちが抑えきれなくて、「やっぱり好きだ!」ってなるあの赤い実はじけた感。いつもグッときます。


そして、ちゃんとした動画が公開されてないので紹介していませんが、Type-A盤のM3に収録されている「吐息のメソッド」は個人的に年間ベスト級で大好物です。「君の瞳に恋してる」を思わせるようなストリングスと鍵盤のイントロから始まるとても心地よいポップス。

これ、誰が作曲してるんだろうと調べたら、ザ・ベイビースターズの田中明仁さんだったんですね。ベビスタ大好きだったんです。



マイベスト失恋ソング「去りゆく君へ」。こういう日の目を見なかった才能が昨今のアイドルシーンを下支えしてる現状、素晴らしいと思います。


気づいたら片想い(DVD付A)気づいたら片想い(DVD付A)
(2014/04/02)
乃木坂46

商品詳細を見る



4/4発売 FantaRhyme「Eye of the Wise」



作詞:H(eichi)
作曲:H(eichi)
編曲:H(eichi)

本人たちも運営も「アイドル」を自称していませんが、どうしても紹介したいので取り上げます。
福岡で活動するFantaRhymeの5枚目のシングル。

昨年のアイドル楽曲ベスト15でも取り上げましたが、やっぱFantaRhyme大好きです。地元補正がかかってるのを抜きにしても、この2人の組み合わせは本当に魅力的。

今回のリリースに合わせてTRICK8fとともにリリイベで上京してきた際には、3日間4公演全部見に行ってきました。12月にCITTAで見た時よりも歌、ダンスに磨きがかかっていて、さらに歌詞にしっかり気持ちを載せ「伝える」ことを強く意識したパフォーマンスでした。めっちゃカッコ良かった。

「福岡におっても東京におってもできるやつはできる!うちらはそれを証明しに来た!」とかますAYU。彼女たちの負けん気の強さ、成長意欲、真摯な態度には推し心をくすぐられます。

「SAYAと知り合って今まで聴かなかった音楽も聴くようになったんよ。ジャンルにとらわれとった過去の自分が今はカッコ悪いと思うんよね。いろんなLIVEにも行くようになったけど全部楽しいっちゃん。FantaRhymeはそういういいとこを全部取り入れていきたい。」みたいなこともMCで言ってたので、もっともっと音楽的にいろんなこと吸収して成長していくんだと思います。この先がまだまだ見たいので、地に足つけて音楽活動やっていけるように、しっかり応援して広めていきたいです。

Eye of the WiseEye of the Wise
(2014/04/04)
FantaRhyme

商品詳細を見る



4/16発売 ひめキュンフルーツ缶「ハルカナタ」



 作詞:山下智輝
 作曲:井上卓也
 編曲:山下智輝/井上卓也

愛媛発、ひめキュンフルーツ缶のメジャー3rdシングル。以前ベボベ小出さんがタマフルでひめキュンを紹介する際に「アジカンのような2000年代邦楽ロック感を感じる」とおっしゃっていましたが、それもそのはず、手がけるのは2007年に解散したジャパハリネットの元プロデューサー伊賀千晃さん。

今回の曲も疾走感溢れるいわゆる邦ロックスタイル。爽やかなメロディの中に少し哀愁ののった雰囲気がたまりません。ひめキュンも、ライブ見に行かなきゃとずっと思ってます。地道なライブ活動でファンを増やした結果が今回のオリコンデイリー3位、ウィークリー12位という結果につながったのでしょうね。

ハルカナタ(初回生産限定盤A)(DVD付)ハルカナタ(初回生産限定盤A)(DVD付)
(2014/04/16)
ひめキュンフルーツ缶

商品詳細を見る



4/16発売 Negicco「トリプル!WONDERLAND」



 作詞:矢野博康
 作曲:矢野博康
 編曲:矢野博康

Negiccoに関しては本命として推していて思い入れが強すぎるので、なかなか客観的なレビューが書きにくいのですが…活動11年目に突入したNegiccoの新曲、いや、これ最高でしょう。

3月末に渋谷2.5Dで初解禁となったこの曲をメンバー、ファンと一緒に聴いたとき、自然と笑みがこぼれ、「矢野さん素晴らしい楽曲をありがとう!」と心のなかで叫びました。

Negiccoは彼女たちの人柄やひたむきな姿勢がそういうものを引き寄せているのだと思うのですが、周りの大人やファンがとにかく愛情をもって彼女たちを支えよう、盛り立てようとしているのがよくわかります。今回の楽曲も、まず歌詞からしてNegiccoの現状をよくよく理解した上で書かれています。

「上昇気流飛び込んで新しい景色みたいの」
「ピーチもマロンも3年 ネギは進むぜ!次のディケイド」
「きらめいた季節は恋のようにいつかは終わってしまうから
さよならネガティヴ・ガールズ!」
「奇跡を起こすよこの街から めざせ!ワンダーランド」


一昨年ごろから少しずつ上向いてきた状況とともにじわじわ自信をつけてきたNegicco。11年目に向けて決意を新たにし、さらにKaedeの大学卒業のタイミングも相まって、前向きな「やってやるぞ」感が今まさに爆発しています。さらにその勢いを加速させるキラキラでかつベースラインばきばきの楽曲と演奏。ギターのカッティングも実にカッコイイ。

Kaedeは他の2人に比べて音域がそこまで広くないため、従来の曲ではサビを下でハモることが多かったのですが、この曲では3人の一体感を出すためにサビをユニゾンで歌わせています。さらに2番のBメロ「仕方がないでしょ」のところなどは珍しくKaedeが上でハモってます。こういう挑戦要素を入れているのも、「今 重い扉 あけ」るためのポイントになってますね。実際に現場で少しだけきつそうに、でも精一杯声を出してるかえぽ、かなりエモい。

小西康陽さんの「アイドルばかり聴かないで」、西寺郷太さんの「ときめきのヘッドライナー」と良曲が続き、ハードルがぐんぐん上がっていた状態で、さらにその上を軽々飛び越える素晴らしい曲を書き下ろしてくれた矢野さんと、それを引き寄せたメンバーの人間力に感謝です。

トリプル!WONDERLAND 初回限定盤C(CD+REMIX収録CD 付)トリプル!WONDERLAND 初回限定盤C(CD+REMIX収録CD 付)
(2014/04/16)
Negicco

商品詳細を見る



4/16発売 Negicco「ライフ・イズ・キャンディ・トラベル」



 作詞:connie
 作曲:connie
 編曲:奇妙礼太郎トラベルスイング楽団

さて、熱くキモく「トリプル!WONDERLAND」評を書いた後ですが、もう1曲いかせてください。カップリングの「ライフ・イズ・キャンディ・トラベル」がほんとに最高なのです。

こちらはNegicco最古参ヲタにして10年間ずっとNegiccoの音楽プロデュースを手がけてきた「Side-Bの王」ことconnieさん会心の一曲。昨年の年間ベスト楽曲に私は「ときめきのヘッドライナー」のカップリング「さよならMUSIC」を挙げたのですが、これまた素晴らしい曲がきました。

「トリプル!」がこれからのNegiccoの決意表明であり、自分たちを鼓舞するような楽曲であるのに対し、こちらはNegiccoにそっと寄り添う曲とでもいいましょうか、とても優しさとあたたかみを感じる詞、曲、演奏です。「いかに観客を沸かせるかが勝負」みたいなアイドルシーンにおいて、こんなほっこりするアイドルソングなかなか無いでしょう。

「止まる 進む 繰り返すことだけで
僕らはまた その先に行けるだろう」
「パズル模様の道を つま先でそっと蹴って ステップ踏んでいこう」
「見えない未来見ようと 無理をしてた心 少し軽くして
この歌 君と一緒に 歌えば 始まる素敵な旅」


Negiccoの性格や経歴を知り尽くしているconnieさん。ブレイクに向けて今が攻め時なのはもちろんなのですが、グイグイ前のめりで行くことで時に不安になったり、壁にぶつかることも知っている。これまでの地道でマイペースなNegiccoが皆に愛されてきたのも知っている。その上で、ふっと肩の力を抜いてあげるような、優しさの詰まったこの楽曲。「トリプル!」と対になっていてとてもいいバランスです。セトリに組み込まれてもすごくいいアクセントになるし、ほっと気持ちが安らぎます。

Negiccoのメンバーが辛い境遇にあっても活動を続けてきたモチベーションの一つには「connieさんの提供してくれる曲は間違いなくいいのだから、これをもっと多くの人に届けたい」という思いがあったといいます。先日出演したラジオでもMeguは「connieさんは今でも会社員と兼業だけれど、元々プロデューサー業を目指していた人だから、それ一本でいけるようにNegiccoももっと上を目指したい、connieさんを引っ張っていきたい」と述べていました。あぁなんていい話。

奇妙礼太郎トラベルスイング楽団の生バンドアレンジも実に新鮮で素敵です。いつか生演奏での共演が見られるといいなぁ。


トリプル!WONDERLAND 初回限定盤B(CD+LIVE収録DVD 付)トリプル!WONDERLAND 初回限定盤B(CD+LIVE収録DVD 付)
(2014/04/16)
Negicco

商品詳細を見る



4/23発売 夢みるアドレセンス「マワルセカイ」



 作詞:美音子
 作曲:長沼良
 編曲:Integral Clover

夢アド初の全国流通盤1stシングル「マワルセカイ」、これまたMVが公開されたのが3月初旬だったのでかなり前の曲な気がしちゃいますね。

正統派アイドルソングだった「泣き虫スナイパ→」、哀愁を漂わせてきた「純情マリオネット」とまたガラッと雰囲気を変えてカッコイイアレンジできました。音楽監修にはあのagehaspringsが関わっています。

メンバーにモデル出身の子が多いこともあり、ここにきて「女の子が憧れる」可愛くてカッコイイアイドルにシフトチェンジした感があります。最近はネガティブだったり闇を抱えてるタイプのアイドルがfeatureされがちなので1周回って逆に新鮮。

先日、ライブは見れなかったのですが日比谷でのアイドルイベントに夢アドも来てて、握手会をやっていたのでチラ見しましたが、可愛いを通り越して近寄りがたいオーラを纏ってました。スクールカースト上位組感。「桐島、部活やめるってよ」で言うところの梨紗や沙奈のあの感じ。特にリーダーの可鈴ちゃんはDD.ディスティネーション(テレ朝動画)の「アイドルリーダー束ねドル」企画でも発揮していたリア充オーラをばんばん放ってて、私などはいそいそと退散しましたとさ。

でも今回の曲は本当にカッコイイ。GWの新宿BLAZEワンマンも楽しそうだな。

マワルセカイ(Type-A)マワルセカイ(Type-A)
(2014/04/22)
夢みるアドレセンス

商品詳細を見る



4/23発売 末広アンテナ「うるせえ黙れ」



 作詞:さつきがてんこもり
 作曲:さつきがてんこもり
 編曲:大箭マサヤ

ボーカリスト「ななひら」と声優「有野いく」の2人からなる末広アンテナのデビューシングル「ラブギガヘルツ」カップリング曲。

正直まだ全然詳しくありません。先日イベントでタワレコに行った時にふと目に止まり、試聴したらすごくかっこよくて。でんぱ感のある流行りのEDMサウンドだなぁと思ったら、「さつきがてんこもり×大箭マサヤ」の作家陣にびっくり。エビ中の「中人」に収録されてる「あたしきっと無限ルーパー」のコンビでした。そりゃかっこいいわ。

表題曲の「ラブギガヘルツ」も同じ作家コンビの曲で、こちらも好きでしたが「うるせえ黙れ」の方がより好みでした。しかしレーベル名がSubcul-rise Recordってすごい名前だなぁ。

ラブギガヘルツラブギガヘルツ
(2014/04/23)
末広アンテナ

商品詳細を見る



4/30発売 ワンリルキス「realize!!」



 作詞:細野しんいち
 作曲:細野しんいち、澤部渡
 編曲:細野しんいち

声優系ユニットが続きますが、Tパレに所属するワンリルキスの6thシングルです。
サニーデイ・サービスの田中貴プロデュースってことで気になっていたのですが今回はじめてちゃんと曲を聴きました。

最近あったかくなってきてポカポカした日が続いてますが、そんな今の季節にピッタリの渋谷系良曲。大サビ前のドラムソロがすごくかっこよくて気持ちいいなぁ。

作曲の澤部渡さんはスカートというバンドで活動されているのですが、不勉強ながらちゃんと聴いたことがなく。今回のワンリルキスへの楽曲提供をきっかけにそちらも聴いてみましたがかなり好みなサウンドでした。こちらも掘り下げたいなぁと思っております。

realize!!realize!!
(2014/04/30)
ワンリルキス

商品詳細を見る




はい。今月は一挙9曲を取り上げました。
それにしても今月はピックアップしたリリスク、Negicco、ワンリルキスに加えて、ピックアップからは漏れましたがアプガ、バニラビーンズもシングルを出しておりT-Palette Recordsの勢いが凄かったですね。

そんな中Negiccoのリリイベをがっつり追いかけたこともあり、時間的・経済的余裕がなく今月はメジャーどころしかカバーできてないように思います。名盤の呼び声高い武藤彩未「永遠と瞬間」もまだ聴けてないし、LinQのアルバムも評判いいけど手を出せていません。

「ちょっとこれ聴き逃してるんじゃないの??」みたいなオススメあればコメントいただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!